ブラック企業の特徴とは?ブラック企業の見分け方5選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

話題のブラック企業、その特徴ってご存知ですか?
仕事をお探しの方には特に知っておいて欲しい内容です。

何も知らずに求人の情報だけで決めてしまうと、入社してから後悔する人がたくさんいます。
後悔しないためには、ブラック企業かどうかを見分けなければいけません。

まずは、ブラック企業の特徴をみなさんに理解して頂くために、詳しくご説明していきます。

yuka150701598457_tp_v

1. ブラック企業ってどんな会社?

近年『ブラック企業』という言葉をよく耳にしますよね。
また、その反対の意味を持つ『ホワイト企業』という言葉を使う人も多くなってきました。

文字を見ればどういう意味なのかだいたい想像できるでしょう。
しかし、どういう企業を指すのか具体的に理解できている人は少ないのではないでしょうか?

まずは、ブラック企業の特徴を紹介していきます。
ある程度、明確に定義されています。

【ブラック企業とは】

・労働者に対し極端な長時間やノルマを課す

・賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなどの企業全体のコンプライアンス意識が低い

・このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う

(厚生労働省のホームページより)

<ブラック企業の特徴>

人の入れ替わりが激しい

ブラック企業の特徴としてよく挙げられるのが、
社員の入れ替わりが非常に激しい点です。
入社して間もない社員がすぐに辞めてしまうのは、企業側に問題があるからです。

常に社員の募集をしているということは、
それだけ社員が辞めているということなので見分けるポイントになります。

2 休みがとれない

ブラック企業は社員を道具のように扱い、ボロボロになるまで働かせる傾向にあります。
そのため、ブラック企業に入社した社員は、休みを取ることすら難しいのです。

「有給を使うことができない」、
「親族や友人の冠婚葬祭ですら休みを取れない」ということもあります。
中には、全く休みをとることが許されずに、
過労死してしまうという最悪の場合も考えられるので気を付けなければいけません。

3 残業・休日出勤が当たり前

会社全体として、残業や休日出勤が当たり前の労働環境になっていて、
自分もそうせざるを得ないという状況があります。

上司の方たちが、普通に残業や休日出勤をするから
「これが当たり前なのだ」と麻痺している人もいるでしょう。

どれだけ残業をしても「残業代が出ない」、「休日出勤の手当や振替休日がない」
など、これはブラック企業の特徴でもあります。

4 社風が良いとアピールする

ブラック企業は外面を気にしています。
そのため求人サイトなどには、
「社員同士の仲の良い、アットホームな職場です」とアピールする傾向が強いです。

「信用・信頼」という言葉を使っている企業ほど、
実際内部の関係はぎすぎすしていて、人間関係が最悪…という場合があります。

また、上司に言いたいことも言えない、
言っても聞いてくれないなど現状は大きく違っているというのも特徴の1つです。

5 体育会系のような社風

長時間労働に耐えきれないことを、根性が足りないと片付け、
暴言という叱る行為によって社員が成長すると勘違いしている傾向があります。

「自分ができたからこいつもできるはずだ」、
「自分がこれだけ苦労したのだからこいつも苦労するべきだ」
と根性論を振りかざされ、精神的に追い詰められます。

このようなことが原因でうつ病やノイローゼになり、
会社に来なくなったという人がいればブラック企業である可能性が高いです。

6 辞めたくても辞めさせてくれない

すぐに首を切られる会社もブラック企業だと言われていますが、
本当に質の悪いブラック企業は、辞めたくても辞めさせてくれません。

自分が辞めようと思っても、周りがすぐに辞めていくので、辞めるタイミングがないのです。
またそんな状況が続くと、
「お前がいないと困る。会社がまわらなくなる」
など、都合のいいことを言われて必要とされているのだと勘違いしてしまう人もたくさんいます。

実際1人がいなくなったからといって会社がつぶれることはまずありません。
周りのことより自分のことを考える方が大事です。

7 ネットの口コミにはブラックな内容しかない

インターネットの書き込みは匿名のものが多いですが、
ネットの反応は案外当たっていることが多いです。

ネットの情報をそのまま鵜呑みにするのはよくないですが、
書かれている内容がほぼブラックなことであれば、ブラック企業である可能性が高いです。

また、「自分の会社はブラック企業かもしれない」、
「応募を考えている企業はブラック企業ではないか」
と思うのであれば、企業名を検索してみてください。

企業の口コミサイトなどもあるので上手く活用することができます。(転職会議、キャリコネ、vokersなど)

ここでは、ブラック企業の特徴を7つ挙げました。もちろんこれが全てではありません。
ブラック企業の定義は定められていないので、曖昧なところがあるのも事実です。

この7つの特徴に当てはまるものが多い人ほど、
あなたの勤める会社はブラック企業だと考えられます。

この特徴を見ていると、「ブラック企業ってどんな恐ろしい企業なんだ…」と思いますよね。
仕事を探している人は、是非ホワイト企業と言われる企業を見つけてください。

また、現在ブラック企業にお勤めの方は、
3年後、5年後、10年後も働いていたい職場ですか?
今の環境に耐えられないのであれば、転職を考えるのも1つです。

次は、ブラック企業とホワイト企業の見分け方を紹介します。

607f34f304b7f0131178b373f8aeb6d4_s

 2. ブラック企業とホワイト企業の見分け方5選!

「就職先や転職先がブラック企業だった」なんて入社してから知っても手遅れです。
そうならないために、ブラック企業とホワイト企業の見分け方を紹介します!

【ホワイト企業とは】

労働者に働きやすい環境である企業のこと

・サービス残業などの労働基準法違反をしていない

・福利厚生が充実している

・離職率が低い

・給料が高い

・有給休暇がとりやすい

<ブラック企業とホワイト企業の見分け方5選!>

①求人情報での見分け方

どの企業でも自社のことをホワイト企業だと思ってもらいたいものです。
実際のブラックな部分が世間に知れ渡るなんてもってのほかなので…
そのため、求人広告にはあり得ないほど良いことばかりが書かれていたりするのです。

もちろんよく書かれているからといって、全てがブラック企業をいうわけではありません。
ですが、ブラック企業の特徴を読み取ることができる点があります。

 ・年収のモデルケースが広い

『年収300万円~700万円』「頑張れば、それ以上も稼げます。
未経験者でも丁寧に指導します。」という広告は疑った方がいいでしょう。

・応募のハードルが低い

「学歴不問」「年齢不問」「業務経験不問」「未経験者大歓迎」などの文字。
応募条件が緩すぎる=人材不足とも考えられます。

・○○創造、成果主義、実力主義などのフレーズ

やりがいを全面的に主張するのは待遇が良くない証拠です。
高すぎるノルマを課し、
達成できるまで給料は上がらない、休みがないといいう実態も考えられます。

②残業代のシステム

「残業時間・残業代」を確認するのも大事なポイントです。
月額給与に見込み残業代が含まれており、別途で支払われない場合にも注意です。

残業時間・時間外給与については入社前にしっかりと確認をとっておきましょう。
また、有給取得率なども事前に聞いておくことをおすすめします。

残業時間・残業代の基準が明確なホワイト企業を選ぶようにしましょう。

③労働実態の調査等の情報

厚生労働省が、「ブラック企業」の労働実態を調査してくれています。
ブラック企業の情報はネットで検索すればたくさん出てきます。
しっかり情報を得て参考にすることはとても大事なことです。

④労働条件の良さ

・給料が良い

・勤続年数が長い

・不正がない
など良い点が揃っているかどうかをチェックすることも必要です。

また、ホワイト企業は、女性にとっても働きやすい環境であるかも見極めるポイントになります。
育児休暇の利用率や勤続年数の男女差が小さいかなども見ておきましょう。

⑤労務管理がきちんとされている

・就業規則や労務管理書類がきちんと整備されていて、社員にも周知されている

・給与形態が明確である

・コンプライアンスを徹底している

・長期的な視点に基づいて人材採用・育成を行っている
労務管理をしっかり行っている企業はホワイト企業が多いです。
このような点も入社前に確認しておくことは大切です。

acc431abda56090c6714eaa50d090695_s

3. ブラック企業の対処法!

「入社した企業がブラック企業だった…」という人は結構いるはずです。
また、どんなに注意深く、
ブラック企業かどうか見分けても、入ってみなければ見えてこない部分が多いです。

「入社してみるとブラックな部分が見えてきた…」というケースが起こる可能性は否定できません。

ブラック企業の被害にあっている、
もしくはこれからブラック企業の被害にあってしまうかもしれない方のために!
ブラック企業の対処法をお伝えしていきます。

 <専用の弁護団がある!>

1番オススメでかつ効果的なのは、
「ブラック企業被害対策弁護団」に相談するという手です。
ブラック企業を相手にしている専門の弁護団であり、相談は無料で行うことができます。

「どうしても自分だけでは、対処しきれない・・・」
という状況の時は一刻も早く利用するのをオススメします。

・今はそこまで深刻な被害は受けていない

・これからのために少し対処法の知識を身に付けておきたい

という方のために、
よく起こる労働トラブルを解決するために詳しく書かれているサイトをご紹介します。

【未払いの残業代の請求】

労働問題弁護士ナビ
https://roudou-pro.com/columns/2/

【不当解雇の慰謝料請求】

労働問題弁護士ナビ
https://roudou-pro.com/columns/6/

【労働環境の改善したい】

厚生労働省
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudouseisaku/chushoukigyou/shokuba_kaizen.html

是非こちらのサイトに書かれていることを参考にしてみてください。

また、「なかなか辞めさせてもらえない」方もいるでしょう。
そのような人はまず、辞めるための準備を始めていきましょう。

1番辞めやすいのは、転職先を見つけてしまうことです。
転職先が決まってしまえば、会社側も受け入れざるを得ないでしょう。

「転職先が決まって、○月○日から新しい職場で働くので、△月△日には退職します」
と伝えるという方法もあります。

しかし、もっと質の悪いブラック企業の場合、
それでも辞めさせないと退職を受理してくれないということも考えられます。

そういう場合は、退職届を提出してください。
退職届は形式上『◯月◯日付で退職致します。』
という強い退職の意志表示を示す書類です。

また、退職届を提出された会社は民法により、
退職届を提出した雇用者を退職させる義務があります。

ただ、しつこく引き留めてくるような会社です。
退職届を受け取ってくれないという場合も…

そういったときの最終手段として、
内容証明郵便で退職届を2週間前までに郵送してください。

内容証明郵便とは、
書留郵便の一種で「誰が/いつ/誰あてに/どのような内容の郵便を出した」
のかを郵便局が証明してくれる郵便サービスです。

内容証明郵便で送れば、
会社との間で退職届を「出した」「受け取っていない」などのトラブルを回避することができます。

提出し受理さえすれば、2週間経過することで退職が成立します。
これは最終手段として頭に入れておいてもらうだけでいいでしょう。

※就業規則に「退職の○か月前までに退職を申出る」と記載されていても、
法的には14日前までに申告していれば退職することができます。

 4.まとめ

ブラック企業に働かれている方は、
いくつも共感できることがあったのではないでしょうか?

ブラック企業に勤めている方は、辞めることを考える前に対策をとることも1つです。
また、仕事を探されている方は、長く働ける会社に勤めたいでしょう。

そのためには、ブラック企業の特徴を知って、しっかりと見分けることが大切です。
ホワイト企業を探すことも大事ですが、
自分に合った企業を見つけられるように行動していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

プロのエージェントが
あなたに合う仕事を一緒に見つけます

就職・転職をお考えの方へ

もしあなたが、

  • 今すぐに仕事を探したい
  • 自分に合った仕事が何かわからない
  • 今の仕事が自分に合っていないような気がする

そうお考えであれば、ぜひプロのエージェントにご相談ください。
必ずあなたに合う仕事を一緒は何かを一緒に考えます。

弊社にも求人はありますが、必ずしも弊社の求人を紹介するわけではありません。

ご相談いただいたあなたに、もっと合う仕事があると判断した場合は、他社の求人をご紹介することもあります。

安心してご相談に来てくださいね。


サービス内容を見る