転職される方必見!書類選考を突破する履歴書の書き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

転職する際に提出する履歴書、
書き方って結構悩みますよね?

どういう部分を注意したらいいのか、
自己PRや志望動機に何を書いたらいいのか、
など履歴書の書き方に困っている方は多いかと思います。

ただ単に所定の欄に記入する事項を書いているだけでは、
面接にすらたどりつけないということもあるかもしれません・・・

履歴書は重要な書類。
書き方を工夫し完成度の高い内容に仕上げることができれば、
採用される確率を上げることができるでしょう。

転職の場合の履歴書の書き方について詳しく解説していきますので、書く際の参考にしてください。

d88edf5d12cb9c854af30edfe535f939_s

1.履歴書を書く時の注意点(基礎)

まずは、履歴書を書く時の注意点についてみていきます。
実際に書き始める前に確認しておいてください。

・記入する時は黒のボールペンを使用する

履歴書は基本的に手書き。書きやすい黒のボールペンを使用しましょう。
おすすめはジェットストリームです。なめらかに書くことができるため非常に書きやすいです。
文房具店には基本置いていますので、一度試してみてください。

・ていねいな字を心がける

当然ですが、字はていねいに読みやすさを心がけて書きましょう。
読みにくい履歴書だと目を通してくれない可能性もあります。
字に自信がないという人でも、時間をかけて読みやすさを意識するだけで大きく改善されます。

・修正ペン、修正液は使用しない

少し面倒ですが、少しでも書き間違えたら最初から書き直すのが基本。
正式な書類ですので、修正ペンや修正液を使うのは絶対にNG!
書き間違いを防ぐためには下書きを作成してから書き始めるのがいいかもしれません。

・記入欄に空欄はNG

履歴書に空欄の箇所があると、少し印象が悪くなってしまいます。
資格などの欄に記入する内容がない場合でも「特になし」と記入しましょう。
資格の欄については注意しておくべき点がありますのでそちらに関しては後ほどご説明します。

・日付は正しく記入する

西暦、元号どちらでも構いませんが、表記はどちらかに統一しましょう。
基本的には元号で記入される方が多いです。

・提出する前には必ず見直しを!

よくあるのが、日付の記入漏れや誤字脱字がそのままになっているケース。
郵送などで提出する前には必ず全てに目を通して最終確認しましょう。

 

以上のような内容が履歴書を書く時に注意しておくべき基本的な内容です。
次以降では履歴書で困る自己PRと志望動機の書き方についてご紹介していきます。

4f51ff7edbfadda9ffac401ee3de13f2_s

2.自己PRの書き方

自己PRは名前の通り自分を企業に対してアピールするためのもの。

書き方を工夫し上手く伝えることができれば、
転職活動を有利に進めることができるでしょう。
ここでは、選考を有利に進めるための自己PRの書き方について詳しくお伝えしていきます。

2-1自己PRを書く前に

まずは、自己PRを書く前にやっておくべき大切な作業についてお伝えしていきます。

いきなり、自己PRを書き始めるのはNG。
しっかりと書く前に準備しておく必要があります。
それ以外にも自己PRを書く上での注意点があります。
ここでは、書き方についてみていく前にそれらの内容についてご説明していきます。

・経歴を振り返ろう

自己PRを書くための準備として大切なのは自分の経歴を振り返ること。

「書く内容が思いつかない・・・」
と悩んでいる方の多くはこの準備作業を疎かにしている可能性が高いと思われます。

転職を成功させている方の多くは経歴を振り返り自分の強みを把握できています。
「自分には何ができるのか」ということを知ることは非常に大切です。

リクルートエージェントが転職成功者100人に、
「どのようにして自分の強みをみつけたのか」
というアンケートをとってくれていましたのでそちらの載せておきます。

強みを見つける自己分析の方法 ※複数回答

自己分析の方法 回答者数
今までの業務経験を振り返った 95名
業務上意識している点を思い返した 65名
周囲に自身の強みを聞いた 40名
周囲に評価された点を思い返した 30名

上記のように経歴を振り返る作業に関して具体的に言うと、

・今までどんな仕事をしてきたか

・仕事ではどんな成果を上げてきたのか

・結果を出すために工夫したことはどんなことか

・経験によって得られたことはどんなことか

・仕事でうれしかった体験は何なのか

・夢中になって取り組んだ仕事はどんな仕事か

・仕事を行う上で役立っている長所はなにか

・仕事上のポリシーや大切にしているポイントは?

・周りから仕事面でどういう評価をされているか

・今までで大変だった仕事はどんな仕事か

・持っている資格はどんなものがあるか

・資格は業務にどう直結してきたか

などの内容をメモに書きだしていくだけでOKです。

書きだす際のポイントとしては、
どんな経験を積んできたのか、
これまでの経歴を一つひとつ細かく具体的に棚卸ししていくこと。

仕事を通じてどのように成長し、
会社に対してどんな貢献ができたかを整理していきましょう。
そこから、応募先企業が求める人材との接点を見つけ出してください。

また、長所などを書きだして自分の個性を把握しましょう。
人づきあいでの役割はどうだったか。
例えば、飲み会で幹事を任されていた場合は、
段取りが上手く、気配りに長けていると職場の人たちに評価されていた証拠。
自分の性格がその仕事にどのような貢献を与えられるか導き出すのがポイントです。

自己PRを書くための準備作業として、
自分の経歴を振り返っていただいたのは自己分析をするためです。

自己分析をしていただくことで自分の強みが分かってくるはず。
その強みを上手く伝えることができれば転職が成功する確率を上げることができるでしょう。

ちなみに、強みというのは何も特別なスキルや経験、実績などの成果である必要はありません。

先ほどと同様にリクルートエージェントが転職成功者100人に、
「自己分析の結果見つかった強み」
についてアンケートを取ってくれていましたのでそちらを載せておきます。

自己分析の結果見つかった強み 回答は3つまで

見つかった強み 回答数
コミュニケーション能力 53
行動力 43
業務に関する専門スキル 34
仕事に対する意欲 33
実績 28

※以下、「調整力」「マネジメント能力」「資格」「語学力」「人脈」

この結果から専門性や実績がなくても、
今まで身に付けてきたビジネスの基礎能力が十分に強みとして活かせることが分かります。

無理をして、特別な才能をアピールする必要はありません。

経歴を振り返っていただき、書きだす作業が履歴書を完成させるうえでも、
転職を成功させるうえでも一番重要な作業だと思います。

この作業がしっかりとできれば、
自己PRについては8割近く完成しているといっても過言ではありません。
後は少しのテクニックだけでOK!

2-2自己PRを書く上でのテクニック

実際にどういった形で自己PRを書いていけばいいのかについてご説明していきます。

・応募先のことを考える

自己PRを活かす上で大切なのは、
自分の強みが応募先の企業にマッチしているかどうかです。
職務経歴書に記入する自己PRが応募先で活かせないものであれば残念ながら意味がありません。
応募先の企業、職種ではどういったスキルが求められているのかを把握する必要があります。
そこの部分さえずれていなければ効果的な自己PRと言えるでしょう。

・結論から伝える

文頭で結論を伝える形の書き方にしましょう。

自分の強みが何なのかを一番最初に持ってくることで、
担当者に最後まで読んでもらえる可能性が上がります。
逆に強みを最後の方に持ってきてしまうと何を伝えたいのかが分かりにくくなってしまいます。
最初に結論を述べ、その後順番に根拠を示していく書き方にしましょう。

・根拠を具体的に伝える

せっかく自分の強みを把握できてもそれを相手に上手く伝えられなければ意味がありません。
上手く伝えるためには具体性を持って伝える必要があります。
具体的な内容と数字を盛り込むことであなたの自己PRの信憑性が格段に上がり、
担当者に好印象を持ってもらえるはずです。

具体的に話すためには

~という業務に取り組み、
結果を出すために(目標を達成するために)~という工夫を行い、
その結果、~という成果が出た。もしくは~と周りから評価された。など
これらの経験から~のスキルが身に付いたのでその経験を活かし貴社の~の場で発揮したい。
というような流れで順序立てて伝えれば伝わりやすいでしょう。

自分の強みを把握しこれら3点を意識して自己PRを書きあげていけば、
魅力的な自己PRを完成させることができるかと思います。

2-3自己PR例文

実際に自己PRの例文を載せておきます。

<良い例>
前職の営業職では顧客との関係性を重視した営業活動を行っていました。
顧客である企業担当者へ定期的に訪問・連絡を取り、何気ない会話から、
状況を読み取り詳細に記録しておくことで取引先のニーズに応じた商品の提案を行うことができました。

その結果、昨年は営業部門30人中トップの成績を修めることができました。
工夫し、結果を残せたこと、
取引先と固い信頼関係が築けたことが私の中で大きな経験になったと思っています。
この経験を生かし、より顧客の立場に立った提案力を磨きながら御社の営業活動に貢献し、
成長していきたいと考えています。

<悪い例>
前職は営業職として勤務しておりました。
顧客との関係性を重視した営業活動を行い、
昨年は営業部門の中でトップの成績を修めることができました。
営業という業務で結果を残せたことは私の中で大きな経験になったと思っています。

この経験を生かし、より取引先との関係性を重視した営業を心がけ、
御社の営業活動に貢献し、成長していきたいと考えています。
根拠を具体的に書き、
数字などを盛り込むとより分かりやすい自己PRになります。
違いを見比べて、作成する際の参考にしてみてください。

b43cac5a9e3d5cd4525343e57b0a9430_s

3.志望動機の書き方

先ほどご紹介した自己PRと今からご紹介する志望動機は履歴書の中で非常に重要な項目。
採用担当者は
「なぜ、うちの会社でなければならないのか」
「なぜ、数ある会社の中からうちの会社を選んだのか」
という点を非常に気にします。

自己PR同様、志望動機も書く前の準備が必要です。
ここでは、書く前の準備と書く時のテクニックの2点を中心に解説していきます。

3-1志望動機を書く前に

・企業研究を行う

準備として一番大切なのは応募先の企業のことをよく知ることです。
冒頭でもお伝えしたように採用担当者は、
「なぜ、うちの会社でなければならないのか」
「なぜ、数ある会社の中からうちの会社を選んだのか」に注目しています。

そのため、なぜその会社でなければならないのかを具体的に伝える必要があります。

具体的に伝えるためには、
求人情報や企業HP、事業内容や企業理念だけでなく、
同業他社についても調べておき応募先企業の強みや魅力を分析しておくのがいいでしょう。
詳しく調べていけばそれだけ内容の濃い志望動機が完成するはずです。

ポイントとしては、
なぜ、その企業に惹かれたのか
その企業の強みはどこにあるのか
この2点。

その点を意識して企業研究を行っていただければ志望動機を書く際に非常に楽になります。
準備作業としては、企業研究を行っていただくだけで十分です!
次の項目では、書く上でのテクニックをご紹介していきます。

3-2志望動機を書く上でのテクニック

先ほども少しお伝えしましたが、
志望動機で大切なのは「なぜ、その企業でなければならないのか」を伝えることです。

それさえ上手く盛り込むことができれば完成度の高い志望動機にすることができます。
その方法についてここでは解説していきます。

・自分の経験、スキルが入社後に活用できる点を伝える

自己PRのところで自己分析していただいたことが志望動機でも活きてきます。
自己分析の結果、把握した自分の強みを応募先の企業と直結させます。
応募先の業界や職種で活かせる経験やスキルを積極的に伝えましょう。

例えそれが、未経験の業界への転職でも関係ありません。
企業研究を行った後であれば、
自分のどの強みが応募先で活かせることができるかがある程度把握できているはずです。

・将来のビジョンを伝える

中途採用の場合、企業は即戦力を求める傾向にあります。
しかし、当然ですが長く働き続けてくれるか、という点もかなりチェックしています。

入社後に応募先の企業でどうなっていきたいのかを盛り込むことができれば、
かなり完成度の高い志望動機だと言えるでしょう。

以上の2点が志望動機を書く上でのテクニックです。

簡単に書き方をまとめると、

前職では〜をしておりました。

業務の中で〜を意識しており、その経験は貴社の〜業務で活かせると考えております。
転職を決意した理由は〜であり、貴社の〜に魅力を感じたため今回応募させていただきました。
貴社の業務に関わりながら成長し貢献できるように励んでいきたいと思っております。

上記のような感じです。是非、参考にしてみてください。

290a66e2aacb42cc2cffc5cec1249720_s

4.資格欄の注意点

ここでは、よくありがちな資格欄に潜む注意点についてご紹介していきます。

結論から言うと、
資格欄に記入する資格は応募先の企業の業務に直結する資格のみを書いたほうが賢明です。
アピールできる資格がないからと言ってあまり関係のない資格を記入すると痛い目に合うかもしれません。

その内容を実例を用いてお伝えします。

参考:リクナビNEXT

ケース1

社長秘書の面接を受けた際のできごと。
何かのアピールにはなるだろうと考え、資格の欄に救急救命士と自動二輪の資格を記入。
面接の場では、それらの資格を書いたせいでアクティブな人と勘違いされ、
無事合格したが希望とは全く別の営業部に配属された。

ケース2

前職が事務職で転職先も事務職を希望。
履歴書に書ける資格がなく10年ほど前に取得した色彩検定の資格を記入。
面接の際に色彩検定のことを突っ込まれ、
「これを活かした仕事は考えてないのですか?」
との質問に上手く答えられず、たじろいでしまい面接の空気がきまずい雰囲気に。
結果、不合格。

これらの内容は割と起こり得るケースです。
自分勝手なアピールをするのではなく
しっかりと相手が何を求めているのか何を評価するのかを考え資格を書くようにしましょう。
記入できるものがない場合は「特になし」と記入すれば問題ありません。
専門職でない限り資格の欄に何も書いていないからという理由だけで落とされることはほぼ無いと思います。

5.まとめ

履歴書を書く上で気をつけるのは、
自己PRと志望動機、資格欄の3つの項目かと思います。
自己分析を行い、
応募先のことを把握し、
それらを繋げて伝えることができれば完成度の高い履歴書が完成するでしょう。
内容がよくても誤字脱字などがあれば印象は悪くなってしまいます。
作成後に再度見直しすることを忘れないようにしましょう。

転職で有利になる!履歴書・職務経歴書の書き方のポイント

職歴の書き方が重要!書類選考を突破する履歴書!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る