転職を考えている方必見!おすすめの転職サイト一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

転職サイトは数が多く、「どのサイトを利用するのがベストなのか」
を把握できている方は少ないのではないでしょうか。

ただ、やみくもに利用しているのは効率が良いとは言えません。
当然、それぞれに特徴があり強みも違ってきます。

ここでは、転職を成功させるというところに重きを置いて、
転職サイトの使い方、おすすめの転職サイト、転職エージェント利用の勧めを順番にご紹介していきます。

 

290a66e2aacb42cc2cffc5cec1249720_s

1.転職サイトの使い方

まずは、転職サイトの使い方についてみていきます。

少し面倒かもしれませんが、
本気で転職を考えている場合は転職サイトに登録するのがベストです。

登録しておくことで、求人を検索するときに設定した条件を保存しておくことができます。
別日に検索するときに簡単に求人を探せるので非常に便利。

それだけでなく、保存した条件に沿うおすすめの求人情報を
定期的に送ってきてくれますので忙しい方などは非常に助かると思います。

また、最近主流になっている「スカウト」というサービスを利用できます。

「スカウト」とは簡単に言うと、あなたの登録した職務経歴などの情報を企業が見て、
興味を持ってもらえた際に連絡がくるサービスです。

企業からのオファーによって転職を成功させている方も多くいます。
転職サイトに登録するメリットをまとめると、

・求人情報の検索を効率よく行える。

・企業からオファーがもらえる

上記の2点になります。
転職をスムーズに行うためにも、必ず転職サイトには会員登録するようにしましょう。

ただし、会員登録する際には注意点があります。
複数の転職サイトに登録すると、かなりの数のダイレクトメールがきます。

転職サイトからの重要な内容を見落とさないためにも、
読まないダイレクトメールは停止させましょう。

各サイトの設定画面から停止の手続きは簡単にできます。
必要な情報だけを受け取るスタイルで転職サイトを利用しましょう。

 

転職サイトを利用する上でもう一つ注意点があります。
転職サイト上にある求人票の情報を真に受けすぎないようにしましょう。

企業側は人が足りておらず、
人を欲している状況ですので良い内容だけ書いている可能性が非常に高いからです。

気になった企業の求人票に書かれている内容を全て真に受けることなく、
自分でその企業の情報を集めることが大切と言えるでしょう。

情報を集める方法としては口コミサイトを併せて利用するようにしましょう。
口コミサイトでは、実際に所属していた社員の生の声を見ることができます。

そのため、よりリアルな内情を把握することができるのです。

上手く使うことができれば、
入社してから「こんなはずじゃなかった・・・」
とガッカリする可能性を少なくすることができるでしょう。

口コミサイトのメジャーどころは、

・カイシャの評判

・転職会議

・VORKERS

・キャリコネ

などがあります。是非、転職サイトと併せて利用してみてください。

f54532df28773728993a1d15e0277891_s

2.おすすめの転職サイト

ここでは、転職サイトの特徴を踏まえおすすめの転職サイトをご紹介していきます。

転職サイトによって行っている独自のサービスなどもありますので、
自分にはどの転職サイトが合っているのか一度考えてみてください。

それでは、順番にみていきます。

・リクナビNEXT

まず、おすすめさせていただきたいのがリクナビNEXTです。
なんといっても知名度がナンバーワン。

転職者の8割以上が利用していると言われているくらいです。
求人の掲載件数が多く、中小企業から大企業まで幅広く扱っています。

特徴としては、
転職の際に必要な職務経歴書の書き方の情報が豊富で非常に参考になります。

掲載求人の特徴といえば、営業系の求人が強いです。
また、比較的年齢層の若い求人の情報が多いため、
営業職への転職を考えている方や、20代の方などは登録しておいて損はないでしょう。


・@type

求人の掲載件数はリクナビNEXTに劣りますが、独自のコンテンツが魅力的なサイトです。

転職力診断テストや適職タイプ診断テストなど、
豊富な独自の自己分析ツールがあり自分を見つめ直せるいい機会だと思います。

自分にはどの職種が向いているのか、どんな仕事がしたいのか、
仕事する上で何を重視しているのかなどが把握できるので、
「転職したいけど、具体的な業種や職種が決まっていない・・・」
という方は是非登録してみてください。

職務経歴書や自己PRなどの見本も数多くあり、良い参考になるはずです。


・とらばーゆ

女性向けに作られている転職サイトになります。
女性向けの転職情報は№1です。

掲載されている求人情報は事務職や販売、サービス、
医療介護系など女性が応募しやすい内容の求人が多いのが特徴。

女性向けのコンテンツが豊富で、働く女性を対象にしたインタビューなど、
転職を考えている女性にとってはタメになる内容が多いです。

女性で転職を考えている方は登録しておくべき転職サイトです。

個人的には、

・特定の職種が決まっており、
幅広い求人から探したい方はリクナビNEXT

・具体的な職種が決まっていない方はtypeで自己分析ツールを使いながら・・・
typeリクナビNEXTで求人を検索する。

・女性の方はとらばーゆの女性向けコンテンツを参考にしながら
とらばーゆリクナビNEXTで求人を検索する。

というような利用をするのがいいかと思います。

0875f657e4079c73af180c1e4b362dbc_s

3.ハローワークについて

転職を考えている方でハローワークに行かれる方は多いのではないでしょうか。

そのため、「転職サイト」という括りで見ると少し違うかもしれませんが、
ハローワークについて少しご説明していきます。

 

・ハローワークとは?

ハローワークとは簡単に言うと国が設置している就職をあっせんしてくれる場所のこと。
ハローワークに行き担当の職員に相談に行けば、希望に沿った求人を紹介してくれます。
以下でハローワークを使うメリットとデメリットについてご紹介していきます。

 

・ハローワークを使うメリット

国のサービスですので、誰でも利用できます。
年齢や今までの経歴に関係なく利用できるのが大きなメリットです。

手厚いサポートまでとは言えないかもしれませんが、
職員の方が転職の流れを教えてくれたりサポートしてくれたりするケースがあります。
分からないことを聞けるというのも一つのメリットだと言えるでしょう。

 

・ハローワークを使うデメリット

反対にデメリットについてですが、求人の幅が狭いです。

掲載されている求人は基本的には地元の中小企業がほとんどです。
なぜかと言うと、
ハローワークに求人を出すのは無料です。
反対に、転職サイトなどに求人を掲載する場合は有料。
ここに求人数が少ない理由が潜んでいます。

採用に本気になっている企業は「お金を払ってでもいい人材が欲しい!」
と転職サイトなどに掲載する場合がほとんどです。

非常に尖った言い方をすれば、ハローワークに掲載している企業は「
お金はないけど人が欲しい」という状況の可能性があります。

そのため、転職サイトなどの求人に比べ、給与面などの待遇が乏しい傾向にあります。

ハローワークは誰でも簡単に利用できるので、魅力的な面もありますが、
求人数や待遇面のことを考えると個人的には転職サイトを利用する方がいいかと思います。

2ae3dee9d14061db7bcb981c4edcc0cb_s

4.転職エージェント利用の勧め

ここでは、転職エージェントについて少し細かくみていきます。

転職エージェントは転職サイトと同様に、無料で利用できるため個人的にはかなりオススメです。
大きく、くくると転職エージェントも転職サイトと言えると思います。

転職サイトを利用する場合は当然、自分1人で転職活動を行わなければなりません。
転職エージェントを利用すると、
プロの転職アドバイザーの手助けを得て転職活動を行うことができます。

転職の成功確率を上げるという意味では、
1人でやるよりもプロの手を借りて行う方がいいと思います。

これだけ聞くと「転職エージェントを利用しない手はない!」
となりがちですが、当然デメリットもあります。

詳しい転職エージェントのメリットとデメリットを次以降でご説明していきます。

4-1転職エージェントを利用するメリット

・非公開求人に応募できる

一般的な求人媒体やハローワークなどに掲載される公開求人だけでなく、
転職エージェントは少数の人を採用したい場合などに使われる非公開求人を所有しています。

この非公開求人があなたの希望している職種とマッチする可能性があります。
単純に求人数が多いということは、
転職エージェントを利用する一つの大きなメリットと言えるでしょう。

・企業とのスケジュールを調整してくれる

企業と直接やり取りするのって結構しんどいですよね。

転職活動は仕事をしながら行うケースが多いでしょう。
そのため、応募先企業との調整が結構面倒なポイントです。

そんなときにスケジュール調整を担当がやってくれるのでとても助かります。
リスケしないといけない場合なども、
その旨と担当に伝えるだけでOKですので比較的気軽に調整が行えます。

・担当者が適格なアドバイスをしてくれる

転職エージェントを利用する一番のメリットがこの点です。
転職活動は割と孤独です。

すぐに転職先が決まるケースは稀で途中、
心が折れそうになることもあると思います。

そんな転職活動中に悩みを相談できたり、
プロの話を聞けたりするのは非常に助かると思います。

面接の対策や転職のノウハウについて熟知しているため、
転職を成功させる確率を大幅に上げられるのではないかと思います。

 

以上がメリットになります。
転職活動の際に大きな壁となる職務経歴書の書き方についても、
あなたの経験を基に丁寧に指導してくれます。

求人を1件、1件探す手間を省くことができるのも大きな魅力かと思います。

次は反対にデメリットについてみていきます。

4-2転職エージェントを利用するデメリット

・選択肢を狭くされることがある

転職エージェントはあなたが採用されることで企業からお金をもらいます。
どう頑張っても受からない企業は選択肢から外されてしまいがちです。
あなたの経験やスキルを基に合格できそうな企業ばかり紹介される可能性があります。

ちなみに転職エージェントを利用するからといって、
現状よりも大きく年収アップができるという訳ではないのです。

あなたの学歴、職歴、
スキルを基準に転職先を紹介してくれるのが転職エージェントだと認識してください。

・転職エージェント側の都合

エージェント側は少しでもあなたの年収をあげようとします。
なぜかと言うとあなたの年収の約30%がその転職エージェントの会社に売上として入るからです。

「双方にとってメリットがあるじゃないか!」と感じますが、
例えば、年収は今とあまり変わらないがあなたの性格に合う企業
年収が高くなるが、あなたの性格に合わない企業

の2社から内定があった場合、担当者はほぼ間違いなく後者を勧めてきます。
担当者にもノルマがあるからです。

・企業側の都合

転職エージェントを介して応募してきた人と、通常の窓口から応募してきた人。
そのどちらかを採用するとなった場合にあなたが企業の担当者ならどうしますか?

おそらく、通常の窓口から応募してきた人を採用すると思います。
理由は簡単で転職エージェントからの応募者を採用する場合はお金が掛かるからです。

以上が転職エージェントを利用するデメリットです。

メリットとデメリットを吟味し、
転職エージェントを利用するかどうかはご自身で判断してください。
個人的には成功率を上げるという意味では転職エージェントを利用する方がいいかと思います。

次ではおすすめの転職エージェントをご紹介していきたいと思います。

4-3おすすめの転職エージェント

転職エージェントも転職サイトと同じようにそれぞれ特徴があります。

それぞれの特徴を踏まえて、
おすすめの転職エージェントをいくつかピックアップしています。
転職エージェントの利用を検討している方は参考にしてみてください。

 

・DODA

DODAは他社に比べて非公開求人が非常に多いのが特徴です。
希少求人もありますので、選択肢を広げたいと思っている方にはオススメです。

また、仕事スタイルを診断してくれますので、自分を客観的に知ることができ、
転職活動をスムーズに進めることができるというメリットがあります。

職務経歴書などの書類作成サポート、
面接の対応方法などについての担当者の対応が誠実で好印象という評判が多いです。

転職に関する様々な情報を載せてくれています。
これが結構勉強になります。
手厚いサポートを受けたい方はDODAを選ぶのがオススメです。

・リクルートエージェント

業界最大手です。公開・非公開求人問わず求人数は圧倒的にナンバーワンです。

中小から大手、業種を問わず幅広く対応しています。
それに伴い当然転職成功数の実績は非常に高いです。
そのため、転職に関するノウハウの多さは群を抜いています。

そのため、担当者のスキルの高さは他の転職エージェントに比べて高いと言えるでしょう。
どこの転職エージェントにするか迷った場合はここを選ばれるのがいいかもしれません。

・マイナビエージェント

求人数については他に比べると少し少ないです。
しかし、出版、広告、営業系には強いという特徴があります。

担当は距離が近く親身になって相談に乗ってくれるという評判が多いです。
そのため、希望している職種が出版、広告、
営業系のどれかに決まっている場合はこちらを利用するのが得策かと思います。

以上がおすすめの転職エージェントになります。
それぞれの特徴を参考に自分にはどの転職エージェントが合うのか考えてみてください。

5.まとめ

転職を成功させるという意味では、やはり転職エージェントを利用するのがおすすめです。
転職エージェントを利用し、担当者にアドバイスを貰いながら自分で求人を探し、
転職活動を行うという方法もありかなとは個人的に思います。

転職したい業界や職種が明確に決まっている方は、
芯をぶらさないためにも転職サイトを利用する方がいいかもしれません。
ここに書いてある情報を参考に、自分に合った転職活動スタイルを考えてみてください。

永久保存版!評判の良い転職サイトまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る