敷金礼金とは?無駄な出費を1円でも減らすために知っておくべき基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

敷金・礼金という言葉についてよく聞くけど具体的にどういったモノなの?
と思われている方も多いのではないでしょうか。

引っ越しする際に係る初期費用についてはなかなかイメージしにくい費用が多いです。
そのため、ここでは敷金・礼金がどういったものなのか、
敷金・礼金以外に必要な初期費用にはどんなものがあるのかを順番にご説明していきたいと思います。

42b1fa7e31c69818fc32692d466dd279_s

1.敷金礼金の意味

敷金礼金は、物件により様々です。
一言で言うと、大家さんの考え方が基準。
そのため、物件によって高い安いがあったりします。
賃貸である以上、大家さんの意向に沿って契約しないといけません。
そのため、それぞれの違いと注意点についてご説明いたします。

1−1敷金とは

敷金とは、大家さんオーナーさんに預けておくお金です。
家賃の滞納や、退去時の清掃・修繕に費用がかかる場合、
大家さんの立場から見て、回収できないといった状況をなくすために預けておくものです。
つまり、その差額分は退去時に返ってきます。
そのため、敷金は高くても払う価値はあるのです。

例えば
敷金が家賃の一か月分で70000円の場合、退去時にハウスクリーニング費用として15000かかり
70000-15000=55000円 55000円が退去時に返ってくるということになります。
しかし、入居中の部屋の使い方が悪く壁を汚してしまったとか、鏡にひび割れを入れてしまったなど、
退去時に請求される額が、敷金以上になる場合はもちろん敷は返ってきませんし、
それ以上に修繕費等支払  わなければならない事もあります。

1−2礼金とは

その言葉の通り、大家さんに対してのお礼のお金です。
「部屋をかしてくれてありがとう」のお金です。
そのため、礼金は返ってきません。
これは、先ほど述べたように大家さんの考え方が基準ですので、
0円のところから家賃の3ヶ月分くらいかかる所まで様々です。
これは、敷金と違い返ってこないので、少しでも安いところを優先して探すべきです。

1−3敷金礼金0の時のメリット・デメリット

・敷金礼金0の時のメリット

  • 敷金礼金0のメリットは当然、初期費用が格段に安くできるという点です。
    敷金礼金ともに家賃の1カ月分だと仮定します。
    家賃が6万円の物件であれば12万円かかる訳ですので敷金礼金0の物件であれば、
    単純に12万円まるまる抑えることができるようになります。
    しかし、それには裏があることが多いです・・・
    デメリットの項目でご説明していきます。

・敷金礼金0の時のデメリット
敷金礼金0の時のデメリットについてですが、大家さんからすると、
初期費用を0にしてでも、空室を埋めたい。
つまり、それだけ空室が埋まりにくいマンションだと考えた方がいいです。
駅からの距離が極端に遠かったり、
近所にスーパーやコンビニがなく不便だったり
入居者のマナーが悪かったり・・・
ですので、初期費用が0などの物件を検討する際は、
必要以上に細心の注意を払って物件を調べる必要があります。

例外として、
引っ越しの需要が高い時期は、全体の初期費用が高めに設定されています。
逆に閑散期は安めに設定されています。
つまり、繁忙期なのに初期費用が0なんていう物件は避けた方が賢明です。

引っ越しのシーズンについて下記に載せておきます。

引っ越し繁忙期(1番)→2月後半~4月前半

大学・社会人問わず新生活がスタートする人が最も多い時期です。

引っ越し繁忙期(2番)→8月後半~10月

社会人の異動時期であり、比較的引っ越しが多くなる時期です。

引っ越し閑散期→4月後半~8月前半、11月~2月前半

繁忙期に比べ、引っ越しが少ない時期です。引っ越し費用についても安くなります。

引っ越しのタイミングを自分で決めれるのであれば、
繁忙期を避け閑散期を狙うことで初期費用を抑えることができます。

初期費用を抑えた上で人気の物件に住みたい!
という方も時期をずらすことで希望をかなえれる可能性が高くなります。

d88edf5d12cb9c854af30edfe535f939_s

2.敷金礼金以外にも、意外とかかる初期費用

・仲介手数料
これは、部屋を借りる際に大家さんとあなたを仲介してくれた不動産屋さんに支払う費用です。

・前家賃
これは、翌月分の家賃も合わせて入居時に支払うことを言います。
通常家賃は、翌月分を前払いというのが基本なので、これについては仕方ないです。

・日割り家賃
例えば、引越し日が13日であれば13日から月末までの分を一ヶ月の家賃から、
日で割って算出して支払うもの。
物件によっては、入居日に関わらず一ヶ月分請求される物件もあるので、契約前の確認が必要です。
前家賃と日割り家賃に関しては例えば、
6月21日に入居し家賃が6万円だとすると、
前家賃の6万円+日払い家賃として2万円の合計8万円を前もって支払うことになります。

・保険料
万が一、火事を起こしたり、水漏れなどで部屋に被害を及ぼしてしまった際の為の火災保険。

・鍵交換費用
以前の入居者と同じ鍵を使うわけには行かないので、鍵穴自体を変えるのにかかる費用。

基本的には、これらの費用は入居時に必ずかかってくるでしょう。

0875f657e4079c73af180c1e4b362dbc_s

3.初期費用を少しでも抑えるためには

・仲介手数料

最近では、仲介手数料50%OFFなどの会社も多いので、
同じ部屋を借りるにしても不動産会社ごとに比較する価値はあります。

・日割り家賃

引越し日ぴったりに契約をスタートさせることです。
例えば、10日が引越しなのに契約自体は、5日の日付でスタートさせてしまうと
丸々5日分、無駄に家賃が発生していることになります。
自分の予定に合わせて、契約の開始日を慎重に定めることで、無駄な支払いは省けます。

・保険料

大家さんが保険会社を指定している事が多いですが、
指定がなければ自ら保険会社を探せば、少し保険料の削減が可能かもしれません。
ただし保険料に関しては、金額の大差はほとんどないです。

まとめ

各費用の内容をきっちり理解しておけば、無駄な出費を抑えることができます。

敷金は、返ってくるお金です。

礼金は、返ってこないお金です。

そのため、敷金が高くても礼金が安い。そんな物件を優先的に探す事をお勧めします。

知って得する!一人暮らしの引っ越し費用

物件探しのコツ伝授!理想的な物件の探し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る