女性が登録すべき転職エージェント6選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

転職を考えている女性の方、転職活動の手段として転職エージェントを利用しようとしている人は多いのではないでしょうか?
「たくさんありすぎて、どれがいいのか分からない」と困っている方もたくさんいるでしょう。
当然、転職エージェントはどれも同じというワケではありません。

それぞれには、得意とする分野や、
特徴があるため自分に合った転職エージェントに登録することが非常に大切になってきます。
ここでは、皆さんがスムーズに転職活動を行えるよう、
それぞれの特徴を踏まえたうえで、オススメの転職エージェントをご紹介していきます。
併せてエージェントの活用方法についてもお伝えしていきますので是非参考にしてください。

 

26d9d826f773fc4b753d07debc52091d_s

1.女性に強い転職エージェントの5つの条件

おすすめの転職エージェントをご紹介する前に、
女性に強い転職エージェントはどういうものかをご説明します。

女性に強いエージェントとは、以下の条件を満たすものです。

①女性の求人だけを集めた女性専用サイト

②女性の求職者の転職実績数が多い

③同性である女性コンサルタントの数が多い

④利用した女性からの満足度が高い

⑤女性の面接に対する豊富なノウハウを持っている

当然と言えば当然です。
どうせ利用するのであれば、
女性のために女性の立場に立って行ってくれるエージェントを利用したいのは当然でしょう。

これらの条件が満たされている転職エージェントを次の項目でご紹介していきます。

84c65c748fe7ffcc25dacdccac526f84_s

2.女性におすすめの転職エージェント6選!

ここでは、単におすすめのエージェントをご紹介するだけでなく、
それぞれの転職エージェントが得意とする分野や特徴。
また、どの年代に向いているのかまで併せてお伝えしていきます。

どれも評判の高いエージェントです!

<20代向け>

マイナビエージェント

20代~30代を対象にサービスを提供しています。
若者向けの求人が多く、未経験歓迎や第二新卒歓迎などの求人情報も豊富にあります。
第二新卒の方、未経験職種に挑戦したい方、転職が初めての方にとって利用しやすいサービスです。

求人広告の情報だけでなく、職場の体制や評価基準、活躍している社員の様子、
労働環境、経営者の人柄など、貴重な情報をエージェントから入手できます。

もちろん、女性の転職支援にも力を入れており、女性が仕事に抱える不安、
女性が転職において重視する要素を理解した、女性キャリアアドバイザーが在籍しています。

バックオフィス系の求人や、
マーケティング・企画・看護・医療系など女性に人気の求人が豊富です。

<30代向け>

DODA

DODAは人材紹介会社では業界第2位の実績を持つ、
「インテリジェンス」が運営する転職支援サービスです。

DODAの最大の特徴は、他の転職支援サービスに比べて求人数が圧倒的に豊富にある点です。
そのため30代の求人も豊富に取り揃えられています。

また、女性のキャリアアドバイザーに相談でき、
女性が活躍できる環境などをしっかり判断してくれます。

福利厚生面も含め、
女性のワークライフバランスの実現にも配慮し、最適な転職先を紹介してくれます。

上場企業・大手企業・人気優良企業の求人や、
IT関連・薬剤師・看護師・医師、営業職・エンジニア職・管理職などを得意とします。

<40代向け>

JACリクルートメント

転職業界大手の中では、JACリクルートメントだけが転職支援サービスに特化しています。
転職支援だけに集中している分、
スキル・知識共に高いレベルが求められるコンサルタント業務に徹しているエージェントです。

得意な職種は、営業・管理・技術開発系・商品開発・秘書・アシスタントです。
また、女性のキャリアアップに強く30代~40代で今後のキャリアを考えながら転職活動をしたい!
といった方におすすめのエージェントです。

<女性向け>

ウーマンウィル

人材大手マイナビが運営する、全員女性のコンサルタントに相談できる転職エージェントです。
マイナビという最大手人材会社と求人情報を共有しているため、案件数も多く、
なおかつ担当も全員女性のため、あなたのことを理解し共感したうえで案件を聞いてくれます。

ウーマンウィルは、仕事をバリバリ頑張りたいけれど、
女性という立場ではキャリアアップしにくいと感じている方にピッタリのエージェントサイトです。

また、入社後も、様々な悩みの相談など、長期的な目線でしっかりフォローしてくれます。
また、幅広い業界・職種を取り揃えています。特に営業・エンジニア・経理が得意な職種です。

パソナキャリア

大手の中でも特にキャリアコンサルタントが特に親身だと評判の良い総合転職エージェントです。
大手総合エージェントなので幅広い案件を紹介してもらえます。

また、「女性活躍」を推進する代表企業で、サービスが女性ひいきであり、
『女性の転職ならパソナ』と言われ続けています。
女性社員の比率が高く、希望すれば女性のキャリアアドバイザーに担当してもらうことも可能です。
特に、営業・管理部門・ITエンジニアなどのオフィスワークの求人が豊富です。

Woman Career

人材紹介会社大手のインテリジェンスが運営する女性向けの転職サービスです。
担当キャリアアドバイザーによる電話・対面相談サポートがあり、
あなたのキャリアをいかに磨いていくかのアドバイスがもらえます。

女性の転職で必要な観点や面接手法などのノウハウを知ることができます。
「女性のための転職フェア」や、
女性のキャリアをテーマにしたイベント「Woman’s  Career Meeting」が有名です。

d88edf5d12cb9c854af30edfe535f939_s

3. 知っておきたメリット・デメリット

転職エージェントは、
転職支援のプロがあなたの転職活動をサポートしてくれるサービスです。

無料でサポートしてくれるため、
「利用しない手はない!」となりがちですが、当然メリットとデメリットが混在します。

ここでは、簡単に転職エージェントのメリットとデメリットをご説明していきます。

<転職エージェントを利用するメリット>

・キャリア相談

・求人紹介

・履歴書や職務経歴書の添削

・面接対策

・面接のセッティング

・給与交渉

その他、面倒なことはだいたいあなたの代わりに行ってくれます。

簡単にまとめると、

・面倒なことを代行してくれる

・内定を貰える確率を上げてくれる

この2点が転職エージェントを利用するメリットです。

<転職エージェントを利用するデメリット>

結論から言います。
転職エージェントを利用するデメリットは、
学歴や社歴などあなたの経歴で応募できる企業の幅を狭くされてしまうことです。

エージェントは採用させてナンボの商売です。
(採用されることで年収の30%程度貰えます。)
そのため、どう頑張っても受からない企業は紹介してくれません

また、エージェント側の都合を押し付けられる場合があります。

売上を上げようと、1円でもあなたの年収をあげようとしてくるので、
「年収は安いがあなたに合った企業」と「年収が高いがあなたに合わない企業」のどちらでも、
あなたのキャリアで臨める場合、高い確率で年収が高い方をすすめてくるでしょう。

担当の方の話はもちろん参考にしますが、最後に決断するのは自分自身です。
自分にとってどこに入社するのが最適かしっかりと見極めることが必要です。

<転職エージェントを利用する際のポイント>

また転職エージェントを利用するポイントとして、

・担当として付いてくれるキャリアアドバイザーの力量

転職したい業界に精通しているかどうかで成功するかが変わってくるほど重要な点です。

・非公開求人数の多い転職エージェントを選ぶ

企業にとって競合他社には見られたくない高待遇の求人を出したいときに非公開求人が利用されます。
そのため、非公開求人数や公開求人との比率をチェックして見極めるようにしましょう。

この2点にも気を付けてください。

メリットだけを見るのではなく、デメリットとなる点やポイントを必ず踏まえてください。
次の項目では、転職エージェントを上手く活用するための方法をご紹介します。

3-1 上手く活用して希望に合った企業を見つける!

転職エージェントを上手く活用するためには、
上記のメリット・デメリットを把握しているだけでは不十分です。

ではどうすれば「上手く」活用できるのか…
活用するための方法は大きく分けると2つあります。

・複数の転職エージェントに登録する

・事前情報を伝える

<複数の転職エージェントに登録する>

情報のブレをなくすため、
より多くの情報を得るために複数のエージェントに登録することが重要です。

大手エージェントや自身の希望する業界や、
職種に特化しているエージェントなど最低でも2つは登録するべきです。

その理由としては、コンサルタントによって違いがあるからです。

・求人や業界への理解の深さ

・年齢に対する考え方

・アドバイス内容や親身さ

複数の方の話を聞くことで、自分の納得する道を探すことができます。

また、それだけではなく、
転職エージェントによって保有求人が異なるというのも理由の1つです。

各エージェントによって契約している企業が異なるため、
保有している求人数も大きく異なります。

もちろん大手エージェントは圧倒的な求人を保有しています。
ですが、その分登録者数も多いため、
中小エージェントに比べ競争率が高くなることも考えられます。

<事前情報を伝える>

面談をするにあたり、事前に自分の情報をしっかりとエージェントに伝えることが重要です。
情報不足だとコンサルタントも準備ができず、
当日の面談が薄い内容で終わってしまう可能性が高いからです。

そのための手段として、1つ目は履歴書・職務経歴書を事前に送付することです。

履歴書・職務経歴書がある状態とない状態では、
コンサルタントが当日に持参する求人のマッチ度が全く異なります。

その場でヒアリングして考えるのと、
十分に準備してきてくれるのではかなりの差があります。

もし事前に送付できない場合は、自身の経歴のポイントだけでも共有しておきましょう。

2つ目は、自分の希望を伝えることです。

経歴とともに、自分の希望を伝えておくことも重要です。

その情報を元にコンサルタントは希望に合った求人を探して面談当日にもってきてくれます。
また、その希望が難しい場合、その理由と、
希望に辿りつくためにはどうしたらいいかという情報を併せて考えてきてくれます。

事前に伝えるべき内容としては、

・今後どういった仕事につきたいか

・希望勤務地

・希望年収と最低希望年収

この3つを明確にして伝えるようにしましょう。

4. まとめ

転職エージェントは、転職を考える人にとって、とても便利なものです。
ですが、転職エージェントとはどういうものかをしっかり把握した上で利用するようにしましょう。
是非参考にして頂き、納得のいく転職活動をしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る