印象で差をつける!面接時のベストな服装

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

面接の時にどんな服装をしたらいいのかって結構迷うポイントかなって思います。
服装だけでなく、女性の方であれば化粧などにも気を遣われるのではないでしょうか。

服装自由とかの場合だとなおさら悩みは増えてくると思います。
面接に集中したいのに服装について悩みたくないですよね?

そのため、ここではみなさんが面接に集中していただくために!
ベストな面接時の服装を紹介していきます。

しっかりとした服装でビシッと決め、
良い第一印象を持ってもらえれば合格の可能性を上げることができるはずです。
ここに書いてあることを押さえて、面接に集中し合格を勝ち取りましょう!

b43cac5a9e3d5cd4525343e57b0a9430_s

1.服装の重要性

1-1メラビアンの法則

まず、大前提として服装の重要性について見ていきます。
服装は第一印象を決める大きなポイント。

「メラビアンの法則」というものをご存知でしょうか?
「メラビアンの法則」とは簡単に言うと相手に与える自分の印象についての研究結果。

そこでは、相手に与える自分の印象について
55%の視覚情報(表情、仕草、見た目、視線などの外見)
38%の聴覚情報(声質、声の抑揚、声の大きさ)
7%の言語情報(言葉づかい、話の内容)

によって決まるとされています。
いかに、服装=第一印象が大事か分かっていただけるかと思います。

1-2採用担当者が重視するポイント

また、転職サイトDODAが中途採用担当者1,000人に、
面接で重視するポイントについてアンケートを取っていましたのでそちらを載せておきます。

非常に興味深い結果です。

※アンケート結果は、第一印象、身だしなみ、受け答えの仕方、経験、スキル、志望動機、
熱意・積極性、誠実さ・素直さ、転職理由、仕事の成果、仕事で工夫・努力したこと、
説明力、論理的思考力の中から上位3つを選んでもらった結果になります。

面接で重視するポイント職種別

1位 2位 3位 4位 5位
営業系 第一印象 受け答えの仕方 誠実さ・素直さ 熱意・積極性 身だしなみ
企画・管理系 第一印象 受け答えの仕方 経験 論理的思考力 誠実さ・素直さ
IT・通信系 第一印象 スキル 経験 受け答えの仕方 熱意・積極性
建築・土木系 第一印象 誠実さ・素直さ 受け答えの仕方 経験 熱意・積極性
化学・食品系 受け答えの仕方 第一印象 誠実さ・素直さ 経験 論理的思考力
電気・機械系 第一印象 スキル 受け答えの仕方 熱意・積極性 誠実さ・素直さ
販売・サービス系 第一印象 受け答えの仕方 身だしなみ 誠実さ・素直さ 熱意・積極性
金融系 第一印象 スキル 熱意・積極性 受け答えの仕方 仕事の成果
クリエイティブ系 第一印象 スキル 誠実さ・素直さ 受け答えの仕方 熱意・積極性

いかに、第一印象が重視されているか分かっていただけるかと思います。

ここで注意していただきたいのは何も話の内容が全く、意味がないということではありません。
あくまで第一印象です。面接では当然質問に対する応答が重視されます。

しかし、服装がしっかりしており良い第一印象を持ってもらえれば、
一歩リードした状態で面接に臨めると言っても過言ではないでしょう。

服装の重要性について理解していただけたでしょうか?
次以降では実際の面接時における服装についてお伝えしていきます。

26d9d826f773fc4b753d07debc52091d_s

2.スーツ編

新卒の方はリクルートスーツで大丈夫ですので、それ以外の場合についてみていきます。

スーツ以外と指定されている場合やアルバイトの面接以外は基本的にはスーツでいきましょう。
アパレル業界や広告業界などの場合は少しおしゃれをした方がいいかもしれませんが、
基本的には無難に清潔感を出すのがいいかと思います。

男性編と女性編に分けて、ご紹介していきます。

2-1男性編

・スーツ

スーツの色は黒や紺、もしくはグレーなどの色を選びましょう。

特に金融業界や、ホテル業界、接客業では、
シックな服装が好まれますのでスーツの色は黒を選ぶのが無難かもしれません。

アパレル業界などではない限り、淡すぎる色や柄物は好まれません。
多少であれば問題ないですが主張の激しいストライプは避けた方がいいでしょう。

サイズにも注意しましょう。サイズが大きすぎすると印象がよくありません。
自分の体型にピッタリのスーツを選んでください。
当然ですが、しわが目立つことのないよう前日にはアイロンをあてることをお忘れなく。

・ワイシャツ

やはり、白色が基本。
もしくは薄い青色など派手過ぎない淡色系を選択しましょう。
金融業界の場合は白色を選んでおくのがいいかと思います。

ワイシャツの袖は汚れが目立ちやすいのでしっかりと洗濯しておきましょう。
これまた当然ですが、アイロンをあてるのもお忘れなく。
ちなみに、スーツから1㎝はみ出るのが理想とされているそうです。

・インナー

シャツの下には必ずインナーを着用しましょう。
インナーの色は白色が一般的です。

少し細かいかもしれませんが、
丸首ではなくVネックのインナーが好ましいです。

・ネクタイ

唯一のおしゃれポイントです。
派手過ぎるものは当然NGですが、明るい色であっても基本的には大丈夫です。

青や紺などの色であれば爽やかさを演出することができるでしょう。
青は相手に信頼感を与えることができるようです。

柄についてはストライプや無地などシンプルなものを選んでいる方が無難。

・ベルト

ベルトはシンプルなものを選ぶようにしましょう。
大きいバックルがついているベルトはNG。
カジュアル系を避け、ビジネス用を選択してください。

ちなみに、ベルトの色と靴の色は同じ色で揃えるのが一般的です。
面接の際は黒か焦げ茶など無難な色を選択しましょう。
色についても注意してみてください。

・靴

色についてはベルトの項目でも述べたように黒か焦げ茶が一般的です。

汚れが目立つものは当然NGですので、
一度しっかりと磨いておくようにしましょう。

歩き方に癖のある方でかかとや靴底が変にすり減っている場合は、
靴を新調しておくのが無難かと思います。

・靴下

色はスーツと同様、黒や紺など濃い色を選びましょう。
柄が入っているものは避けた方が無難。

稀にいらっしゃるのですが、
絶対にくるぶしソックスはやめましょう。

・時計

最近ではサラリーマンでも時計をしない方が多いですが、
腕時計の着用はマナーとされています。

デザインについてはサイズが大き過ぎずシンプルなものにしましょう。
時計のベルトは黒か茶色、シルバーなどが無難です。

・カバン

サイズは大き過ぎずA4が入る程度であれば大丈夫です。
最近、流行っていますがリュックタイプのものはNG。
基本的には手に持つタイプのカバンを選ぶようにしてください。

※注意点
ちなみに、20代の後半からはリクルートスーツの着用はおすすめできません。
リクルートスーツは大人の社会人には見えにくく、
仕事ができるイメージをもたせにくくなるようです。

2-2女性編

・トップス

男性と同じように黒や紺、グレーを選ぶのがいいかと思います。
特に清潔感あるデザインを選択しましょう。

濃い色を選択する方が、顔映えがよくなるようです。
金融業界、ホテル業界、接客業では黒もしくは紺を選ぶのが無難です。

・ボトムス

大きなスリットが入ったもの、カジュアル志向の強いものは避けた方が無難。

細かく言うと、一般的にはパンツスーツよりもスカートの方がいいようです。
営業職を希望されている方はパンツスーツでも問題ないでしょう。
色に関しては、トップスの色と合わせた方がいいかもしれません。

・シャツ、カットソー

基本的にはどちらでもかまいません。
フリルやレースが付いている少し派手なものは避けておきましょう。

色はやはり、白色が基本。
もしくは、男性と同じように淡い青色など派手過ぎない淡色系を選択しましょう。

下着が透けることのないよう、
シャツやカットソーの下に同色のキャミソールを着用するのがいいかと思います。

・ベルト

基本的にはつけなくてOK!

・靴

女性の場合、色は黒色を選びましょう。
黒色でシンプルなパンプスがベストです。

ヒールの長さは5㎝程度で分厚いタイプが無難。
細いタイプだと、安定感に欠け少し見栄えが悪いです。

当然ですが、汚れなどには注意しましょう。
しっかりと磨き準備しておいてください。

・時計

男性と同じように腕時計の着用はマナー。
派手な色は避け、シンプルなものを選択しましょう。
スマートに見せたい方は小さめの腕時計を選ぶといいでしょう。

・カバン

男性と同じように手に持てるタイプでA4が入るサイズを選びましょう。

高級ブランドのカバンは、
面接時にはあまりいい印象を持たれにくいため避けた方が無難かと思います。

 

スーツ編については以上となります。

各項目をチェックし、遅くても面接の前日までには準備しておくようにしましょう。
少し、古くなっているものなどは新しく購入しておいた方がいいかもしれません。
今後も使用するものですので、無駄になることはないかと思います。

f54532df28773728993a1d15e0277891_s

 

3.私服編

新卒の就活でも最近では、
「私服でお越しください」など私服で面接に臨むケースがあると聞いています。

スーツの場合よりも正直かなり迷いますよね?

大前提として、
私服で行ってもOK=普段着ている服で面接に行ってもOKという訳ではありません。

スーツの場合と同じように清潔感を意識しましょう。
これもまた、スーツの場合と同じ内容になりますが、
アパレル業界の場合などは注意してください。

面接官はあなたのセンスを見ています。
一般的にウケがいい服装を男性編と女性編に分けてご紹介していきます。

3-1男性編

・アウター

季節にもよりますが、基本的にはジャケットを着用しましょう。
夏の暑い時期などはジャケットなどの上着は着用しなくても問題ないと思います。

色は黒色や紺色など暗めの色を選ぶのが無難です。
パーカーなどカジュアル過ぎるものはNG。

・インナー

シャツが鉄板です。デザインは無地のものを選びましょう。
色は白色や、グレー、もしくは薄い青色など淡色系が無難でスマートにみえます。
派手なTシャツや柄物のデザインはやめておいた方がいいでしょう。

・パンツ

スラックスやチノパンにしておくのが無難。
ジーパンなどは場合によっては問題ありませんが、基本的には外しましょう。

短パン、七分丈はNG。
色はアウターと同じ色にするのだけは避けましょう。

ベージュやライトグレーといった明るめのものを選ぶと清潔感が出てスマートに見えます。
それ以外では黒、紺などがいいかと思います。

・靴

黒や焦げ茶、紺など暗めの色の革靴を選びましょう。
アルバイトの場合はシンプルなデザインのスニーカーなどでも問題ありません。

 

「こんな服装普段着ないよ!」という方、ご心配なさらず。
簡単に服を揃えられる場所があります。それはみなさんご存知、「ユニクロ」です。

マネキンが来ている服通りに購入しても問題ないケースがあります。
全部購入したとしてもだいたい1万円ぐらいで済みます。
持っていない服がある方は是非、ユニクロに行ってみてください!

3-2女性編

・アウター

男性と同じようにジャケットがベターです。
もしくは、カーディガンでも問題ないと思います。
紺、ライトグレーなど少し落ち着いた色を選ぶのがいいでしょう。

・インナー

インナーは白、もしくは淡色のシャツかブラウスにしましょう。
デザインは無地を選んでください。

・パンツ

膝丈ぐらいのスカートが一番無難。
色はアウターと同じ色だけは避けてください。
ベージュや紺など落ち着いた色を選ぶのがいいでしょう。

・靴

黒のパンプスがベストです。
革の素材であれば、よりスマートに見せることができます。

 

男性編と同様、「こんな服装普段着ないよ!」という方、ご心配なさらず。
「ユニクロ」へ行きましょう。

こちらも、同様に全部購入したとしてもだいたい1万円ぐらいで済みます。
持っていない服がある方は是非、ユニクロに行ってみてください!

d88edf5d12cb9c854af30edfe535f939_s

4.面接当日の注意点

最後に面接当日の注意点についてみていきます。

丁寧な言葉を使う、ハキハキと喋る、話す内容を事前に練習しておく、などは当然。
少し、見落としがちで実際によく起こる注意点についてお伝えしていきます。

・絶対に遅刻をしない

5分前には面接場所に到着しておきましょう。かと言って早すぎるのはNG。

電車で行く場合は遅延する可能性を考え、
1本もしくは2本早い電車に乗っておくことをオススメします。

大幅な遅延であれば致し方ないですが、
多少の遅れで「遅刻しました」ではいきなり悪い印象を与えてしまいます。
万が一、やむをえず遅れてしまう場合は必ず事前に連絡するようにしましょう。

・ノックは3回

ノックを2回される方が多いですが、2回のノックはトイレノックです。
日本のビジネスでは3回が一般的。

・椅子の3分の2ぐらいに腰掛ける

背もたれにもたれるのはNG。
少し窮屈ですが、姿勢を正してしっかりと前を向きましょう。

・相手の目をしっかりと見る

話の内容が立派であったとしても、
視線をそらしたり、少し下を向いていたりすると消極的な性格だと思われてしまいます。
面接官にしっかりと視線を向け、難しい質問が来たとしても堂々とした態度で回答しましょう。

・クセに注意する

自分のクセは自覚していないケースが多いと思います。
周りの人に聞いて確認しておきましょう。

よくあるパターンで言うと、
髪をかきあげる、鼻をさわる、などがあります。
あまり、良い印象は与えないためクセには注意しましょう。

以上が見落としがちな注意点になります。
細かい内容もありますが、
いきなり本番の面接では注意し過ぎて損することはありません。

是非、参考にしていただければと思います。

5.まとめ

服装をしっかりとし、
良い第一印象を持ってもらえればそれだけで合格する可能性は上がります。

ビシッと服装を決めるだけで自然と気合が入り、良い状態で面接に臨むことができるでしょう。
是非、ここに書いてあることを実践してみてください。

面接の場でベストなカバンとは?細かい点まで徹底解説!

面接の「質問はありますか?」で転職を成功に導く逆質問の完全攻略ガイド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る