面接対策!退職理由の上手な答え方まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

面接で聞かれる前職の退職理由って非常に答えにくい質問だと思います。

しかし転職の面接の場合、必ずと言っていいほど聞かれる質問。
面接官はこの質問で組織に適応できるのか、ストレス耐性はあるのかなどをチェックしています。

そのため、この質問を上手く答えられるかどうかで、合否が大きく左右されるでしょう。

転職面接、最大の難関と言えるこの質問を上手に答え、
転職を成功させるために退職理由の上手な答え方を中心にご紹介していきます。

d88edf5d12cb9c854af30edfe535f939_s

1.退職理由の本音と建前

まずは、転職を決意した方の本音の退職理由と、
建前の退職理由についてみていきましょう。

そこから退職理由の答え方のヒントが見えてきます。

リクナビNEXTが退職理由について、調査を行っていましたのでそちらを載せておきます。

<退職理由の本音ランキング>

順位 理由 比率
1位 上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった 23%
2位 労働時間・環境が不満だった 14%
3位 同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった 13%
4位 給与が低かった 12%
5位 仕事内容が面白くなかった 9%
6位 社長がワンマンだった 7%
7位 社風が合わなかった 6%
7位 会社の経営方針・経営状況が変化した 6%
7位 キャリアアップしたかった 6%
10位 昇進・評価が不満だった 4%


<退職理由の建前ランキング>

順位 理由 比率
1位 キャリアアップしたかった 38%
2位 仕事内容が面白くなかった 17%
3位 労働時間・環境が不満だった 11%
3位 会社の経営方針・経営状況が変化した 11%
5位 給与が低かった 7%
6位 雇用形態に満足できなかった 4%
6位 勤務地が遠かった 4%
6位 仕事に対する責任がなく物足りなかった 4%
9位 上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった 2%
9位 同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった 2%

出典元URL:http://next.rikunabi.com/01/honne2007/honne2007_01.html

これらのランキングを見比べると、やはり本音と建前で大きく異なる結果となっています。

本音ランキング1位の「上司・経営者の仕事の仕方が不満」、
3位の「同僚・先輩・後輩とうまくいかない」は、建前ランキングではそれぞれ9位に。

やはり、人間関係が理由での退職は、
組織適応能力が欠けていると判断されやすいため避けるべき退職理由なのでしょう。

逆に、本音のランキングで7位だった「キャリアアップしたい」が建前のランキングでは1位に。

「現在のスキルや経験を活かし、別のステージで活躍したい」
「業務の幅を広げたいと思ったが、現在の会社ではこれ以上のスキルアップを望めない」
という退職理由は、面接官に好印象だったという転職者からの声もあるようです。

転職を成功させるためには、本音と建前を上手く使い分ける必要があることが分かります。

ネガティブな退職理由だとしても、ポジティブな内容で答えるようにしましょう。

 

290a66e2aacb42cc2cffc5cec1249720_s

2.退職理由の上手な答え方

ここでは、実際に退職理由の上手な答え方についてみていきます。

答える時のポイントとしては、

・不平不満は伝えない

・ネガティブな理由をポジティブな理由に変える

・ステップアップしたいことを伝える

以上の3点かと思います。

 

よくある退職理由をいくつかピックアップし、それに対する答え方をお伝えしていきます。

良い例と悪い例を載せておきますので、見比べて参考にしてみてください。

・人間関係が退職理由の場合

人間関係が退職理由の場合はその理由を話すのは避けましょう。

これが退職理由だという方は多いとは思いますが、
どんなに上手な表現を使っても本人に至らない点があったと思われてしまう可能性が・・・

これが本音の理由だとしても、違う部分に注目して話すようにしましょう。
あなたが実現したい働き方が必ずあるはずです。
やりたいことがあった、チャレンジしてみたいというようなポジティブな内容で話すようにしましょう。

<良い例>

人材派遣会社の営業として、新規クライアントの開拓に従事していました。
しかし、以前からWEB業界に興味があり、
セミナーなどへ足を運ぶにつれ実際に就業したいという想いが強くなり退職を決意しました。

<悪い例>

人材派遣会社の営業として、新規クライアントの開拓に従事していました。
業務に関しては非常にやりがいのあるものだったのですが、
上司の仕事のやり方に疑問を抱くようになり退職したい想いが強くなってきました。
そんな時にWEB業界のセミナーへ行く機会があり、
興味を持ちいろいろと調べていく中で実際に就業したいという想いが強くなり退職を決意しました。

「前職で経験できないことが志望先で実現できる」
ということを上手く示すことができれば面接官の理解が得られやすいかと思います。

・リストラが退職理由の場合

リストラが退職理由の場合、仕方のないようなことだと思いがちですが・・・
正直にその内容だけを伝えると、
リストラされるような人材だったのだなとマイナスな評価をされてしまいます。
リストラをいい機会だと捉え、前向きに話すことを心がけましょう。

<良い例>

不本意ではありますが、会社の業績が傾きそれに伴いリストラにあいました。
しかし、これを機会に以前から興味のあった職種に就業できるチャンスだと考えています。
また、チャレンジするにあたりしっかりと働き方や、
自分を見つめ直し企業に貢献できる人材として働いていきたいと考えています。

<悪い例>

不本意ではありますが、会社の業績が傾きそれに伴いリストラにあいました。
就職先を探していく中で、
以前から興味のあった職種にチャレンジしたいという気持ちが強くなってきました。
また、チャレンジするにあたりしっかりと働き方や、
自分を見つめ直し企業に貢献できる人材として働いていきたいと考えています。

ポイントとしては、リストラにあい仕方なく応募していると思われないようにすることです。

・残業や休日出勤の多さが退職理由の場合

シンプルに残業や休日出勤が多いことだけを理由として話すと、
「うちの会社に来ても同じように感じるのでは・・・?」
と思われてしまいがちです。

<良い例>

前職の仕事内容や人間関係には満足していました。
しかし、月の残業時間が100時間を超えたり、ほぼ毎週休日出勤があったりと、
なかなか自己研鑚の時間を確保することができていませんでした。
仕事に対してはやりがいを感じていたので、余暇時間にスキルアップしながら、
より自らを成長させることができる環境で力を発揮したいと思い、退職を決意しました。

<悪い例>

前職の仕事内容や人間関係には満足していました。
しかし、月の残業時間が100時間を超えたり、
ほぼ毎週休日出勤があったりと、休める時間が少なく体調をくずしてしまうこともありました。
仕事に対してはやりがいを感じていたので、
安定した環境で自分の力を発揮したいと思い、退職を決意しました。

残業や休日出勤が多い場合は建前としてスキルアップさせたい旨を伝えましょう。
「なぜ、残業や休日出勤が多いとダメなのか」
を上手く伝えることができれば面接官も理解してくれると思います。

・短期間で前職を退職した場合

短期間で退職してしまった場合、
上手く伝えなければ面接官に「また、すぐ辞めるのではないだろうか」と疑われてしまいます。
仕方なく退職してしまったと伝わるように工夫しましょう。

<良い例>

営業事務として入社したのですが、
実際の仕事は営業のみで、事務職の仕事を行う機会はありませんでした。
営業の経験は私にとって新鮮でありよい経験となりましたが、
事務職を行いたいという想いが強くあり上司にその件を相談しました。
しかし、会社の方向性として、営業に重きを置きたいとのことであり、
今後事務職に従事する機会は難しいとのことであったため退職を決意しました。

<悪い例>

営業事務として入社したのですが、
実際の仕事は営業のみで、事務職の仕事を行う機会はありませんでした。
営業の経験は私にとって新鮮でありよい経験となりましたが、
事務職を行いたいという想いが強くあり退職を決意しました。

ポイントは会社側にも非があったのだなと思ってもらうことです。
「状況を改善するため、行動を起こしたが無理だったため仕方なく・・・」
というように伝えることができれば、
短期間で退職したことに対してマイナスな印象を持たれることはないでしょう。

一般的には以上のような理由が多いのではないでしょうか。

その他の自己都合などによる退職理由の場合も、
考え方を少し変えるだけでポジティブな退職理由に変えることができます。

例文などを参考にしていただき、
少しでもポジティブな印象を持ってもらえるように答え方を意識し工夫するようにしましょう。

0875f657e4079c73af180c1e4b362dbc_s

3.面接での注意点

ここでは最後に面接での注意点をお伝えしていきます。

今までのところでもお伝えしてきた通り、
面接の場では、退職理由を上手く答えられるかどうかはかなり重要です。

当然、企業の採用担当者からすれば前職を辞めた理由や経緯についてはかなり気になる部分。
そのため、それを上手く答えられるかどうかは面接の合否を大きく左右してきます。

しかし、当然それだけでは合格することはできません。
退職理由を上手く答えられてもそれ以外の内容で、
マイナスなイメージを持たれると合格できる可能性はかなり低くなってしまうでしょう。

面接では第一印象が重要と言われています。

 

第一印象が良ければ、面接を有利に進めることができるのです。
では、どの点を意識すればいいのか?

転職サイトのマイナビ転職が中途採用担当者に対し、
<面接で「第一印象」に大きな影響を与えると思われる要素について>
アンケートを取ってくれていますのでそちらを載せておきます。

「第一印象」に大きな影響を与える要素 比率
態度・仕草 20%
話し方(話すテンポや身振りなど) 20%
表情 18%
あいさつ 14%
身だしなみ(服装・持ち物・髪型など) 9%
目線 9%
声のトーン・大きさ 4%
入室・着席の仕方 1%
その他 5%

出典元URL:http://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/mensetsu/manner

新卒の場合とは違い、身だしなみや言葉遣いなどはより厳しく見られるようです。
面接での受け答えは当然、
重要ですが上記の項目を意識しマナー違反とならないように注意しましょう。

基本的な内容ですが、

・あいさつは元気よく

・清潔感のある身だしなみで

・明るい表情で話す時は相手の目線を見て

上記の点を意識して面接に臨むようにしましょう。

4.まとめ

退職理由を聞かれ、答える際は、不平不満は伝えない、
ネガティブな理由だとしてもポジティブな理由で伝える、
ステップアップしたい旨を伝えるという3点を意識して答えるようにしましょう。

また、それだけを意識し過ぎるのではなく、
転職を成功させるために第一印象についても十分注意し面接に臨むようにしましょう。

面接の「質問はありますか?」で転職を成功に導く逆質問の完全攻略ガイド

転職される方必見!転職を成功させるための3つの面接のコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る