【退職の挨拶】パターン別でそのまま使える例文集!

もうすぐ退職日を迎える方で、
「どんな挨拶をしたらいいのか」と悩んでいる人結構多いのではないでしょうか?
実際、挨拶で悩まれる方はたくさんいます。
今回が初めての退職なら尚、分からないことがあるのは当然です。

また、いざ退職するとなると、緊張して身構えてしまう方もいるでしょう。
そうならないためにも、退職日当日の流れを事前に把握しておく必要があります。
そこで、退職の挨拶を中心に、退職日当日の基本的な流れをお伝えしていきます。

続きを読む

【定年退職の挨拶】そのまま使えて参考に!

もうすぐ定年退職を迎えられる方で「どんな挨拶をしたらいいの?」
と悩んでいる人多いのではないでしょうか?

スピーチがあったり、メールを送らなければいけなかったり考えること意外と多いですよね。
長い間勤めた会社だからこそ、たくさんの思い入れがあるでしょう。
その感謝の気持ちを伝えることが最後の義務でもあります。

ここでは、定年退職の挨拶で必要となる、
スピーチ・メール・挨拶状の書き方と文例をご紹介していきます。

続きを読む

退職時にそのまま使える!【挨拶メールのテンプレ集】

「退職の挨拶ってメールでも大丈夫なの?」
「メールの文面に何を書けば?」
「社外の人への挨拶メールどうすれば・・・」など、退職することが決まっても色々と悩みは出てくるものです。

ここでは、そういった悩みを解決するために退職時の「退職メール」について詳しく解説していきます。
退職メールを送る際のポイントや、メールの例文もご紹介していますので是非参考にしてください。

続きを読む

女性が転職を成功させるための秘訣とは?

「女性が活躍する職場で働きたい」
「仕事と家庭を両立したい」
など、「転職をしたいと考えているけど、どうしたらいいのか」と悩んでいる女性の方は多いのではないでしょうか?

それぞれ置かれている状況によって転職を考える理由は様々なはずです。
なかなか行動に移せていないという方も結構いらっしゃるでしょう。
ここでは、そんなみなさんの転職に対する悩みを解決するために女性の転職について詳しくまとめています。
是非、転職を検討される際の参考にしてください。

続きを読む

40代女性が転職を成功させるための3つのポイント

「子育ても落ち着いて、もっと給料のいいところに転職したい」
と考えている40代女性の方結構多いのではないでしょうか?

実際、転職に悩む40代女性の方は多いです。
年齢を考えるとリスクが大きくて、なかなか一歩を踏み出せずにいませんか?

確かに、転職に年齢は影響してきます。
ですが、転職活動のやり方次第で40代女性の方でも転職に成功することは絶対にできるのです。

ここでは、みなさんが転職に成功するためのポイントをお伝えしていきます。
また、効率よく転職活動を行うための方法もご紹介します。

続きを読む

なぜ、9割の女性が仕事で悩んでいるのか?その解決策とは?

「どんな仕事を選べば?」「今の仕事がしんどくて転職したい」「自分に合った仕事をみつけたい」
など、多くの女性の方が仕事について悩んでいるでしょう。

この記事では、そういった女性の悩みを解決するために【女性の仕事】について詳しく解説していきます。

仕事に対する悩みを解決する方法、
女性のための資格や人気の仕事など順番にご紹介していきますので是非参考にしてください。

続きを読む

経営者よ震えて眠れ!確実に残業代を請求するためのアプリと全手引き

「残業代を請求したいけど、どうすれば?」
「今後のために残業代について知っておきたい」

といったように、今や社会問題となっている「残業」について関心を持たれている方は非常に多いのではないでしょうか。

いわゆるブラック企業に一矢報いるためにも、
【残業代を請求する時に必要な知識】
【画期的で役立つ残業代請求のためのアプリ】
の2点を中心にここでは解説していきます。

続きを読む

40代女性が転職を成功させるために必要な【6つの条件】

「環境を変えたい」、「家庭の事情」、「会社の先行きが不安」
といったように様々な理由から転職を考えている40代女性の方は多いはずです。

恐らく、多くの方が「転職したいけど・・・年齢が・・・」、「年齢的に転職できるのか?」
など、年齢に関する悩みを抱えているのではないでしょうか。

確かに40代女性の転職は20代女性の転職に比べると難易度は高くなります。
ですが、【不可能】ではありません。

ここでは、「40代女性の転職」について見ていきながら転職を成功させるための条件を詳しく解説していきます。

c12d3cd4bc6cfb632d6afef3403ccf7c_s

1.なぜ、40代女性の転職は厳しいのか?

まずは、40代女性の「転職の現実」についてお伝えしていきます。
なぜ、20代女性に比べて転職の難易度が上がるのでしょうか。

単純に年齢が高くなるにつれて求人数が少なくなるというだけでなく、
年齢が高いことによりそれ相応のスキルが求められてしまうからです。

転職サイトのenが実施した「採用するミドル層(35歳以上)に求めるものは?」
についてのアンケート結果を載せておきます。
出典元URL:http://partners.en-japan.com/enquetereport/101/

desc_q04_graph

アンケート結果を見ていただければ分かるように、求められるスキルは非常に高いです。
この点が転職の難易度を上げている要因と言えます。

そのため、前職の経験を活かし同業種へ転職する場合や、
専門的なスキルを活かせる場合は別ですが全く経験のない異業種への転職は簡単にはいきません。

職種も限られてしまいます。
40代から未経験で始められる職種は正直、多くはありません。

・慢性的な人材不足の介護職

・パートや派遣などの非正規雇用
などであれば求人数も多く年齢面もさほど大きな障害にはなりません。

しかし、収入面や自身のキャリアアップを考え、
正社員として働きたいと考えている方の方が多いでしょう。

そういった方々のために次の項目で、
転職を成功させるための方法について解説していきます。

384182e2a156d34a26a54a13a1d1460e_s

2.40代女性が転職を成功させるための「6つの条件」

ここでは、実際の転職活動のことを考え、
成功確率を上げるために大切なことをいくつかご紹介していきます。

【「1つ目」自分の強みを把握する】

自分の強みを把握するのはどの年代の転職者にも大切なことです。
いわゆる自己分析です。

ちなみに、40代の転職成功者の約7割が強みを理解して転職活動を行ったと言われています。
強みを把握するのはそれほど難しいことではありません。

・今までどんな仕事をしてきたか

・仕事ではどんな成果を上げてきたのか

・結果を出すために工夫したことはどんなことか

・経験によって得られたことはどんなことか

・仕事でうれしかった体験は何なのか

・夢中になって取り組んだ仕事はどんな仕事か

・仕事を行う上で役立っている長所はなにか

・仕事上のポリシーや大切にしているポイントは?

・周りから仕事面でどういう評価をされているか

・今までで大変だった仕事はどんな仕事か

・持っている資格はどんなものがあるか

・資格は業務にどう直結してきたか

などの内容をメモに書きだしていくだけでOKです。

書きだす際のポイントとしては、
どんな経験を積んできたのか、これまでの経歴を一つひとつ細かく確認していくことです。
仕事を通じてどのように成長し、会社に対してどんな貢献ができたかを整理していきましょう。

把握した強みを基に転職先を探し、応募書類を作成し、そして面接で披露する。
全てに通じる内容です。時間がかかったとしても必ずやりきってください。

【「2つ目」職種・業種を絞る】

40代以上の求人募集が増える職種や業種を狙うのが効果的です。

en転職が行った「ミドル人材(35歳以上)の求人動向」
についてのアンケートによると以下の通りになっています。
(上位5つを抜粋。)

参考元URL :https://mid-tenshoku.com/enquete_consultant/report_27/

<35歳以上のミドル人材を対象とした求人募集が増えると見込まれる「職種」>

順位 職種 割合
1位 営業・マーケティング系 66%
2位 経営・経営企画・事業企画系 54%
3位 技術系(機械・メカトロ・自動車) 34%
4位 事務・管理系 26%
5位 技術系(電気・電子・半導体) 26%

<35歳以上のミドル人材を対象とした求人募集が増えると見込まれる「業種」>

順位 業種 割合
1位 メーカー 56%
2位 IT・インターネット 38%
3位 建設・不動産 37%
4位 流通・小売・サービス 36%
5位 メディカル 25%

管理職として求人を出している企業や、メーカーなどでは営業の募集が多くなっています。
特にメーカーの営業は他の業種に比べると未経験での採用に積極的です。
営業経験者の方はメーカーが特に狙い目かもしれません。

【「3つ目」過去のキャリアを捨てる】

40代からの転職だけに限らず、ある程度の経験を積んでから転職する場合、
この内容を意識していないと失敗してしまう可能性がかなり高くなります。

今までの職場でどれだけ実績を積んでいたとしても新しい職場ではその実績は全く評価されません。

自信を持って面接などに臨むことは大切ですが、
「実績があるから大丈夫だろう」などと過信になってはいけません。
転職する場合はこれから新たに実績を積み上げていく気持ちを持たなければなりません。

過去のキャリアを捨てることで年収や業務内容に対する強いこだわりがなくなり、
転職先の選択肢が広がるというメリットもあります。

ただし、間違ってはいけないのが「なぜ、転職しようと思ったか」です。
そこだけ、芯をしっかり持ち謙虚な姿勢で転職活動に臨むようにしましょう。

【「4つ目」応募書類の完成度を高める】

応募書類については当然、最初から完成度の高い内容に仕上げておかなければなりません。

年齢が高くなると応募書類を提出し、
書類選考で落とされる可能性が高くなってしまいます。

そのため、採用担当者に目を通してもらい、
興味を持ってもらえるような応募書類を作成する必要があります。

書類選考を突破し、面接まで進むことができればチャンスはかなり広がるでしょう。
応募書類については以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

<転職で有利になる!履歴書・職務経歴書の書き方のポイント>
URL:http://business-labo.com/resume-curriculum-vitae-264

【「5つ目」面接力を上げる】

いかに素晴らしいスキルや経験があっても、
面接の場でそれを上手く伝えることができなければ採用されるのは難しいでしょう。

また、一発勝負の面接では、
「面接に合格するためのポイント」を抑え事前に面接力を上げておく必要があります。

以下の記事で面接についてまとめていますので併せて参考にしてみてください。

<「響く自己PR」で差を付ける!面接攻略ガイド>
URL: http://business-labo.com/interview-self-pr-320

<面接の「質問はありますか?」で転職を成功に導く逆質問の完全攻略ガイド>
URL:http://business-labo.com/interview-reverse-question-267

【「6つ目」転職メディアを有効活用する】

年齢が上がるにつれて、求人の件数は少なくなります。
その問題を解決するには転職メディアを有効活用しなければなりません。

今は、求人の8割以上がインターネット上に存在すると言われています。
しかし、だからと言ってネットの情報だけに囚われていてはいけません。

情報を取捨選択するスキルは持っておかなければならないでしょう。
幅広い情報に惑わされることなく、欲しい情報を見つけることが必要です。

多くの方がインターネットから求人の申し込みをすることを考えると、
あえてインターネット以外から求人情報を収集するのも効果的になる可能性があります。

以下で転職メディアについて簡単にまとめておきます。

<代表的な転職メディア一覧>

転職メディア 特徴
転職サイト 転職活動を行う場合、登録は必須です。若手層の求人が多いですが、中高年層向けの転職サイトも存在します。

転職サイトについては別途詳しく解説します。

転職エージェント 非公開求人に応募できるという特徴があります。

30代~40代の方の場合、転職エージェントを活用して転職活動を成功させている方が多くいます。転職サイトと同じく別途詳しく解説します。

企業HP 企業のHPからでも直接求人の申し込みをすることが可能です。

転職活動を行っていく中で興味のある企業は必ずHPをチェックするようにしましょう。求める人物像などを載せてくれている企業もありますし、求人サイトなどに載せずに自社のHPのみで求人掲載をしている企業もあります。

ハローワーク 一般職の求人が多いのが特徴です。年収UPが望めるような求人は少ないです。求人掲載が無料のため、企業の採用に対する温度感はピンキリです。

条件によって、失業保険や再就職手当、失業手当などが支給されるため現在失業中の方は必ず足を運んでおいた方がいいでしょう。

新聞 普段はあまり気にされないかもしれませんが、新聞にも求人が掲載されています。有名なのは、日経新聞の日曜版です。40代向け求人が多く掲載されています。地元での就業を目指している場合は、地方紙をチェックしておくのがいいでしょう。新聞の求人欄だけでなく、折り込みの求人広告も併せて確認しておきましょう。

情報のアンテナを幅広く持っておくことで、目当ての求人に出会える可能性は確実にUPします。
転職を成功させるためにこれらの転職メディアを有効活用していきましょう。

290a66e2aacb42cc2cffc5cec1249720_s

3. 40代女性のための転職活動をレクチャー

「転職活動、どうすればいいの?」、「効果的な手法はあるのか?」
など、転職活動でお困りの方も多いはずです。

オススメの転職サイトや、
転職成功率を上げるための転職エージェントについて順番にご説明していきます。

3-1オススメの転職サイトを5つピックアップ!

ここでは、オススメの転職サイトいくつかピックアップしておきます。
それぞれの特徴を書いておきますので、ご自身に合った転職サイトに登録してみてください。

【リクナビNEXT】

30代~40代の方の求人も多く掲載されています。
求人の件数が豊富で年齢や職業など多種多様の求人が掲載されています。
得意な職種は営業・事務・企画系・クリエイティブ系です。

また、中途採用の求人が多く、即戦力で活躍したいときに求人を探しやすいです。
転職成功実績もあり、人気の高いサイトです。

個人的に「自分の市場価値診断」というツールがオススメです。
自分の強みを把握するためにも利用するのをオススメします。

また最近、好評となっているのがリクナビNEXTの「スカウト登録」というサービスです。
40代でスムーズな転職活動を行うために欠かせません。

自分では探すことができなかったような好条件の給与や、
企業との出会いがあり全ての方が登録必須と言えます。

【DODA】

日本有数の大手転職支援サービスとして人気を集めているのが、DODAです。
求人情報も豊富で非公開求人も多く寄せられています。

非公開求人はスカウトサービスや、
ハンティング登録サービスを利用することによって閲覧が可能になります。

また、検索機能の他、無料の転職支援サービスや年収査定サービス、
キャリアタイプ診断などのツールが豊富です。

それだけでなく、転職に関するコラムを多く扱っているため非常に勉強になります。

得意な職種は、営業・企画・管理系・事務・技術系です。
また、転職サイトと転職エージェントの二つの機能を提供しています。
転職を機にキャリアの見直しをしたい、という40代の方には特におすすめです。

【とらばーゆ】

こちらは、女性のための転職サイトです。女性向けの転職情報は№1です。
女性のみに絞られているため、登録は必須です。

経験を活かしたい人やキャリアチェンジしたい、
子育て等の理由でブランクがあるけどまた働きたい、
といった、悩みや目的別に求人を紹介しています。

女性向けに作られているサイトと言うだけあって、女性向けのコンテンツが豊富です。
働く女性を対象にしたインタビューなど、
転職を考えている女性にとってはタメになる内容が多いです。

得意な職種は営業・事務・医療・販売・サービス・美容師です。
転職のノウハウなどお役立ち情報が満載なので非常に参考になります。

【女の転職@type】

女性を積極的に採用している企業の正社員・契約社員の求人を掲載してくれているのが特徴です。
独自のコンテンツが非常に豊富であり、その点が魅力的なサイトだと言えるでしょう。

転職力診断テストや適職タイプ診断テストなど豊富な独自の自己分析ツールがあり、
自分を見つめ直せるいい機会だと思います。

「自分にはどの職種が向いているのか」
「どんな仕事がしたいのか」
「仕事する上で何を重視しているのか」
などが把握できるので、「転職したいけど、具体的な業種や職種が決まっていない・・・」
という方は登録するのがいいと思います。

また、職務経歴書や自己PRなどの見本が数多くあり、良い参考になります。

【FROM40】

かなり特徴的なサイトです。40代、50代向けの求人しか取り扱っていません。
求人の件数自体は少なくはないのですが、正社員の求人の物足りなさは否めません。

アルバイトや派遣などがメインにはなってきます。

「とにかく仕事を見つけたい」、「次の職を見つけるまでのツナギが欲しい」
といった方にはかなりオススメの転職サイトです。

女性向けのパート求人なども多いため、
主婦の方が働き口を探す場合などにも使えるサイトと言えます。

3-2 併せて利用したい!頼りになる転職エージェント!

「転職エージェント」という言葉を聞いたことがない!という方もいらっしゃるでしょう。
簡単に言えば、転職のプロのアドバイスを貰いながら転職活動を行えます。

当然、無料で利用できます。

「転職できるかどうか」から「どういう業種、職種が狙い目」
など、様々なアドバイスをしてくれますので一度試しに利用してみるのをオススメします。

転職サイトと同様にオススメの転職エージェントを載せておきますので、
興味のある方は一度調べてみてください。

<女性にオススメの転職エージェント>

【ウーマンウィル】

人材大手マイナビが運営する、全員女性のコンサルタントに相談できる転職エージェントです。
マイナビという最大手人材会社と求人情報を共有しているため、
案件数も多く、なおかつ担当も全員女性です。

そのため、あなたのことを理解し共感したうえで話を聞いてくれるでしょう。
利用者の満足度が高く、気軽に相談しやすいという特徴があります。

【Woman Career】

人材紹介会社大手のインテリジェンスが運営する女性向けの転職サービスです。
担当キャリアアドバイザーによる電話・対面相談サポートがあり、
あなたのキャリアをいかに磨いていくかのアドバイスがもらえます。

女性の転職で必要な観点や面接手法などのノウハウを知ることができます。
「女性のための転職フェア」や、
女性のキャリアをテーマにしたイベント「Woman’s  Career Meeting」が有名です。

【パソナキャリア】

パソナキャリアは人材業界最大級の転職エージェントです。
業界トップクラスとなる取引企業を誇り、独占・非公開求人が80%を占めます。

年収アップをはじめとする条件交渉にも強いため40代の転職に向いています。
また、40代利用者の満足度が高く、女性の転職実績も多いのが特徴です。

得意な職種は、
営業・電気・電子・機械・科学エンジニア・IT・Webエンジニア・企画・人事・総務・経理・事務です。

専任のキャリアアドバイザーが企業にあわせた書類作成、
面接アドバイスまでしてくれるので登録しておきたい転職エージェントです。

4.まとめ

40代女性の転職は、特殊なスキルがある場合や同業種へのステップアップ転職でない限り、
どうしても年齢が高くなるにつれて転職の難易度は上がってしまいます。

そのため、転職を成功させるための6つの条件を抑え、
「転職エージェント」などを活用し、転職成功率を少しでも上げる必要があります。

転職できるかどうかを判断するためにも一度転職エージェントを利用しておいた方がいいでしょう。

女性にオススメの転職サイト5選!活用法も併せて伝授!

転職を考え、転職サイトを探している女性の方、転職サイトの数の多さに戸惑っていませんか?
当然ですが、転職サイトはどれを利用しても同じという訳ではありません。

それぞれに特徴があり、その特徴を理解して活用することが出来れば転職活動を効率良く進めることができます。
ここでは、そういった女性にオススメの転職サイトを5つ厳選しています。また、女性に人気の仕事や資格についても解説していくので是非参考にしてください。

26d9d826f773fc4b753d07debc52091d_s

1. 女性が登録必須の転職サイトを5つピックアップ!

冒頭でもお伝えしましたように、女性におすすめの転職サイトをご紹介します。

【ウーマンキャリア】

女性が自分らしくキャリアを築いていくことを支援するパソナキャリアの転職支援サイトです。
ポジション・経験・環境に合わせた、1人1人に寄り添ったキャリア支援を行ってくれます。

特にキャリアアップに意欲のある女性をターゲットにしているのが特徴。
若手女性向けから、管理職向けまで、
女性の世代やライフステージに合せたコンサルタントと求人で、転職をサポートしてくれます。

【リブズキャリア】

こちらは仕事もプライベートも充実させたい女性に向けた転職サイトです。
女性ならではのキャリアの歩み方をしっかりと考えてくれるサービスとして注目されています。

多くの女性向け転職サイトは、大手人材企業が片手間にやっているものが多いのですが、
「リブズキャリア」は女性のためだけの人材企業なので、コンサルタントの質も高いと評判です。

また得意な職種は、営業・広報・人事・エンジニア・デザイナーなど幅広い職種があり、
IT企業の求人が多いのが特徴でます。

【女の転職@type】

正社員で成長したい女性のための転職サイトです。
正社員・契約社員の求人を毎週火曜日と金曜日更新しています。

また「年収&お仕事相性診断」で推定年収や相性のいい仕事がその場で分かります。
得意な職種は、営業・アパレル・コスメ・事務。
「18時までに退社」「育児と両立できる」といったこだわり条件から仕事を探すことができます。
年収アップを狙っている方や女性歓迎の職場で働きたい方におすすめのサイトです。

 

こちらは、女性のための転職サイトです。
女性のみに絞られているため、40代の女性の方におすすめ。

経験を活かしたい人やキャリアチェンジしたい、
子育て等の理由でブランクがあるけどまた働きたいといった、悩みや目的別に求人を紹介しています。
得意な職種は営業・事務・医療・販売・サービス・美容師です。
また、転職のノウハウなどお役立ち情報が満載なので女性の方は登録するべきサイトです。

【マイナビ転職女性のおしごと】

大手転職サイトのマイナビ転職から女性向けの求人のみを集めて紹介している女性転職サイト。
女性向けの求人で絞っているにもかかわらず求人数が豊富であり、
幅広い求人の中から探すことができます。

女性に人気の事務職、販売・サービス業、美容関係、医療福祉系を中心に扱ってくれています。
また、転職に役立つコラムが豊富な点、女性社員5割以上や育児中の社員在籍中、
5日以上連続休暇取得可能など細かな条件から探せる点などが魅力的な部分と言えるでしょう。

条件面でこだわりたい方は登録しておいて損はないでしょう。

あなたに合った転職サイトを見つけて、まずは登録から始めましょう!
転職サイトの特徴と活用方法を次の項目でお伝えします。

1-1. 転職サイトはどうやって活用すればいいのか?

本気で転職を考えるなら、サイトをみるだけでなく、登録してみてください。
登録することで転職サイトを有効に活用していただくことができます。

①サイトの特徴

転職サイトにも得意分野と専門分野があります。
どの転職サイトに登録しても同じ結果が得られるわけではありません。

例えば、ワークライフバランスを重視した案件を得意としているサイトに、
高収入を狙うバリバリのキャリアウーマンの方が登録しても満足のいく結果は得られません。

まずは、あなたの希望条件をいくつか絞ってください。
そして、あなたの条件を得意とする転職サイトを見つけましょう。

②転職サイトの機能

「転職したい」と思ったらまずは、
自分に合った転職サイトに登録してみてください。もちろん無料登録です。
最初に簡素な職務経歴(レジュメ)の登録が必要になります。

少し面倒に思うかもしれませんが、
あなたのレジュメを見た企業や転職エージェントからスカウトが届きます。

また、各サイトによって仕様は異なりますが、
求人検索設定を保存していつでも簡単に求人を見られる機能や、
おすすめ求人の情報が定期的に送られてくるようになります。

③人材紹介会社(転職エージェント)と出会える転職サイト

転職サイトというと、受けたい企業を自分で選んで応募するのが一般的ですよね。
ですが、人材紹介会社に出会うために使う転職サイトがあるのです。

人材紹介会社とは、転職支援のプロがマンツーマンであなたのキャリアカウンセリングを行って、
あなたに最適な求人企業を無料でご紹介するサービスです。

また、あなたの転職成功のために専任の担当者が面接のセッティング、
給与交渉など転職に必要なサポートをしてくれます。
そういった人材紹介会社の情報を専門的に扱う転職サイトへの登録もおすすめします。

まずは、自分の年齢や強み、希望する条件・職種に適した転職サイトを見つけてください。
1つだけではなく、複数の転職サイトに登録するのも1つです。
複数の転職サイトに登録することで、その分幅も広がります。

・女性の活躍例
・産休・育休の取得率・復帰率
など、求人情報で紹介されている事例のなかには、
良い点だけを取り上げている可能性もゼロではありません。

転職サイトだけに頼るのではなく、気になる企業があれば、
口コミサイト(転職会議、キャリコネ、vokersなど)を利用して、自分でも調べることが大切でしょう。

 

d88edf5d12cb9c854af30edfe535f939_s

2. 転職を失敗させないためにはどうすればいいのか?

転職を考えるには、いろいろな理由があるかと思います。
まずは転職をした女性はどのような理由で転職をしているのか、
DODAエージェントサービスを利用して転職を行ったビジネスパーソン3万人の調査をみていきます。

 

女性の転職理由

順位 転職理由 割合
1位 ほかにやりたい仕事がある 12.0%
2位 残業が多い/休日が少ない 6.8%
3位 給与に不満がある 5.6%
4位 会社の将来性が不安 5.0%
5位 雇用形態を変えたい 4.0%
6位 幅広い経験/知識を積みたい 3.9%
7位 専門知識・技術力を習得したい 3.7%
8位 土日祝日に休みたい 3.0%
9位 女性が働きにくい環境である 3.0%
10位 U・Iターンしたい 2.5%

出典元 URL https://doda.jp/guide/reason/

・キャリアチェンジ、キャリアアップ

・労働条件
この2つが転職を決意する大きな要因だと考えられます。
働いていれば、転職を決意する瞬間は何度もあるはずです。

目次1では、女性向けの転職サイトをご紹介しましたが、
転職サイトに登録したからといって、すぐに転職先が見つかるわけではありません。
転職をした人の約半数の方が1か月~3か月ほどかかっています。
また、年齢によって差があるのも事実です。

「今すぐに転職したい」というのでなければ、
在職しながら転職活動を始めていくべきです。

もし、今すぐ会社を辞めて3か月転職先が決まらなかったとします。
3か月無収入で生活をやっていくだけの貯金はありますか?
仕事を辞めるとお金のリスクは必ずついてきます。

また、精神的に疲れてうつ病になる人がいることも事実です。

もう一度みなさんに考えてほしいのが、

・辞める本当の理由は何なのか

・今の職場で改善できることはないのか

・なぜ今の会社に入ったのか

・辞める準備はできているのか

・今まで辞めずにいれたのはなぜか

この5点についてよく考えてみてください。
もしかしたら、今辞めるべきではないと気付くかもしれません。
辞めてから、後悔なんてしたくないですよね。
そのためにも、今しっかりと考えることが大切なのです。

考え抜いた末、「転職するんだ!」と決意した人は、ここからが大切です。

転職で失敗しないためにはどうすればいいのかです。
覚悟を決めて転職したのに、転職後「前の会社の方が良かった…」なんて後悔したくないですよね。

簡単に言えば、辞めた理由が解消される企業を見つけることが必須です。
しかし、給料や福利厚生を重視して選んだ場合転職に失敗したと感じる人が多いようです。

逆に、社風や仕事のやりがいを重視した人は、
転職して成功だったと感じているというデータがあります。

それも踏まえてまずは、必ず叶えたい条件を明確にメモに書いてみてください。
メモに書くことによって、自分が仕事をする上で、何が大切か分かります。

メモに書いた条件を転職活動が終わるまで、
絶対にブレないようにすることがポイントです。
叶えたいことがあるから、転職を決めたはずです。
妥協しての転職はあとで自分が後悔するだけです。

転職する目的を妥協してしまわないように芯を強く持って取り組んでください。

ちなみに、転職を考える人の中に、
「やりたいことが見つからない」という方もいるのではないでしょうか?
「やりたいことがないから、とりあえず私でも入れそうな会社を見つけよう」
みたいに漠然としている方は、転職に失敗します!

やりたいことがないなら、好きなことを仕事にすることを考えてみてください。
女性なら誰でも自分の好きなことを仕事にしたいと憧れますよね!

次の項目では女性に人気の仕事をご紹介していきます。
特に資格を要する仕事ではないので、
気になるものがあれば是非挑戦してみてはどうでしょうか?

d9a27bb1346aa0e6210d5a77259198a7_s

3. 女性に人気のお仕事をご紹介!

<専門性が高まる・身につく仕事>

*旅行企画・手配・ツアーコンダクター

【内容】

旅行企画・手配は観光客向けのパック旅行や企業の視察旅行、
学校の修学旅行などを企画・提案し手配を行います。

ツアーコンダクターは添乗員とも呼ばれ、
パック旅行やツアーに参加したお客様の案内を担当し、
旅行中のすべての運営を仕切るのが仕事です。

お客様にとって安全で安心な工程を確保し、
最高に楽しい旅だったと言ってもらえるように努力が必要です。
お客様が喜ぶ姿を見てやりがいや、達成感を得ることができるでしょう。

【必要なスキル】

旅行好きということが第一条件です。
ツアーコンダクターは、
「国内旅行業務取扱管理者」と「総合旅行業務取扱管理者」の資格があれば有利です。

活かせる経験やスキルは、

・国内旅行業務取扱管理者と総合旅行業務取扱管理者の資格

・英会話などの語学力

・リーダーシップ(ツアーコンダクター)

・気配りや冷静さ

*アロマセラピスト

【内容】

最近女性に人気が出てきているのがアロマセラピストです。
アロマセラピストとは、心地良い香りのするエッセンシャルオイルを使ってマッサージをしたり、
心と身体をリラックスさせる効果のあるフレグランスを提案したりする、「香りのスペシャリスト」。

エッセンシャルオイルにはさまざまな香りがあり、それぞれ効能が違います。
ストレスや疲労で調子が悪いと悩む人に、
その時々の気分や体調に合わせた最適な香りを提案することが主な仕事です。

また、血行促進や筋肉をほぐすために、エッセンシャルオイルを用いたマッサージも実施します。

【必要なスキル】

アロマセラピストに公的な資格はありません。
しかし、民間資格として『日本アロマ環境協会』が認定しているものがあります。
この民間資格を持っていると、アロマセラピストとしての信頼は大きく変わります。

【活かせる経験やスキル】

・日本アロマ環境協会が認定している民間資格

・コミュニケーション能力が高い人

<コツコツ頑張る仕事>

*一般事務

【内容】

民間企業や官公庁、団体などにおいて、資料や契約書などの書類作成。
また、電話・来客応対やメール応対、郵便物の仕分け、
ファイリング・データ集計などの必要な事務作業を行うのが一般事務の主な仕事です。

一般事務は企業運営には欠かせない縁の下の力持ち的な存在です。
サポートした相手から感謝され、それがやりがいにつながるでしょう。
一般事務の経験がなくても採用されることも多く、多くの人にチャンスのある仕事です。

【必要なスキル】

特に資格などはありませんが、多くの会社でパソコンを使用するため、
事務作業で使うパソコンソフト(エクセル・ワードなど)の基本操作は最低限必要です。
電話やメール来客応対などをする場合は、会社の窓口として恥ずかしくない敬語やビジネス会話、
ビジネス文書・ビジネスマナーなどの一般常識も身に付けておきたいですね。

【活かせる経験やスキル】

・来客や電話に対して丁寧に対応できるビジネスマナー

・ホスピタリティー

・事務処理能力

・エクセル・ワードなどのパソコンスキル

*マーケティング・企画・販売促進

【内容】

消費者のニーズや動向を調べて、新商品を生み出すのが商品企画。
マーケティングは、消費者の動きを調査する仕事。

イベントプランナーや店舗開発は、そうした動向に合わせて適切な形でイベントや店舗を作り上げる。
納得のいくデータ結果を得るための根気強さや、調査したデータを分析するスキルも求められます。

【必要なスキル】

必要な資格などはありませんが、
データを扱うため数字に強いことや、データの分析を行い、仮説を立てられる能力が必要です。

【活かせる経験やスキル】

・データ・情報分析能力

・アイデアを生み出す能力

・ワード、エクセル、パワーポイントなどの基本的なパソコンスキル

<人と接する仕事>

*フラワーコーディネーター・デザイナー

【内容】

フラワーコーディネーターは、
誕生日ギフトや花嫁のブーケ、オフィスやホテル、レストランのスタンドフラワーやテーブルフラワー、
イベント会場の飾りつけなど、さまざまなシーンを花で飾る演出家です。

クライアントの好みや目的、予算などを把握した上で、満足するよう仕上げる必要があります。
そのため、花の扱い方、長持ちさせる方法、値段、仕入れなど、
花に関する豊富な知識を身に付ける必要があります。

花が好きで、物を作ったり、飾り付けをするのが好きな人に向いているでしょう。

【必要なスキル】

フラワーデザインに関する基本的な知識や技術が必要ですが、
フラワーコーディネーターになるための必須の資格はなく、未経験者にもチャレンジしやすいです。
国家資格であるフラワー装飾技能士(1級・2級・3級)
日本フラワーデザイナー協会主催のフラワーデザイナー(1級・2級・3級)を取得すると、
転職の際に有利なほか、ステップアップにも役立ちます。

【活かせる経験やスキル】

・フラワー装飾技能士(1級・2級・3級)(国家資格)

・日本フラワーデザイナー協会主催のフラワーデザイナー(1級・2級・3級)

・フラワーデザインに関する基本的な知識や技術

・美的センス

*フードコーディネーター

【内容】

フードコーディネーターは、テレビの料理番組や食事の場面のほか、
雑誌の料理ページの撮影現場で料理を作り、食器を選んで盛りつけ、
テーブルコーディネートを行います。

飲食店や食品メーカーでの商品開発やメニュー作り、
料理教室の講師などもフードコーディネーターの仕事です。
料理や盛りつけ、テーブルコーディネートを行うのが何より好きという人が向いています。

【必要なスキル】

料理や食が好きというのはもちろん、料理に関する知識や技術も必要です。
調理師免許や栄養士の資格があると有利でしょう。

フードコーディネーターは、
日本フードコーディネーター協会が主催する検定試験に合格する必要があります。

未経験の場合には、食品メーカーに勤務したり、
プロで活躍している人のアシスタントになって経験を積んでいく方法もございます。

【活かせる経験やスキル】

・日本フードコーディネーター協会が主催する検定試験(フードコーディネーター)

・調理師免許や栄養士の資格

・企画や販促、販売の経験

・写真撮影の知識、テーブルセッティングの知識

・食への探求

・コミュニケーション能力

 

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s

4. 短期間で取得!活かせる資格!

キャリアチェンジを考えている方、
資格を取って、それを活かした仕事をしたいと考える人もいるのではないでしょうか?

ちょっとした隙間時間にコツコツ勉強することで、短期間で取得できる資格をご紹介していきます。

【医療・介護系】

・調剤薬局事務(学習期間4か月)

調剤薬局で、保険の確認や調剤報酬明細書(レセプト)作成を行うのが主な仕事です。
おうち受験が可能です。

・介護事務(学習期間4か月)

主に介護施設で「介護報酬請求業務」と「ケアマネージャーのサポート」を行います。
超高齢化社会の今、ニーズがますます高まっている注目職です。
デスクワークが中心で長く働きたい女性にはおすすめです。おうち受験が可能です。

・医療事務アシスタント(学習期間4か月)

医師の診療・診察に集中できるよう事務作業を行うのが医師事務アシスタントです。
医師とのコミュニケーションが多い仕事ですが、
特別な経験が必要なく、誰でも受験できる資格です。そして安定した収入が期待できます。

【事務・PCスキル分野】

・秘書検定(学習期間4か月)

社会人として身に着けておきたいマナーや接遇、
心得を知識として学べるのが特徴です。また受験数が多い人気資格です。
業種や職種に関係なく取っておいて損はありません。

・ビジネス実務法務検定(学習期間4か月)

企業人として求められる法律知識を身につけることができる資格です。
コンプライアンス意識が高まる今、
すべての社会人が身につけるべき知識として企業から高評価を得ている資格です。

・マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)(学習期間1~4か月)

ワードやエクセルなど世界的に普及しているビジネスソフト「オフィス」の操作能力を測る試験で、
開発元のマイクロソフト社自身が認定する唯一の資格です。
多くの企業で高く評価されるため転職の強みになります。

【サービス・教養分野】

・食生活アドバイザー(学習期間4か月)

食生活アドバイザーは食のスペシャリストです。
食べ物の栄養評価やレシピはもちろん、
食文化や衛生管理、食の流通など食に関する幅広い知識を学べる資格です。
食に関わる多くの企業で資格取得が推奨されています。

・アロマテラピー検定(学習期間3か月)

年間3万人近くが受験する人気の検定です。
履歴書にも特技として記載でき、職種によっては転職の際に優遇されることもあります。

学んだ知識はプライベートでも活かすことでき、
アロマの香りを楽しむのはもちろん、
セルフマッサージやスキンケアに利用するなど活用方法は様々です。

資格取得のための勉強は大変ですが、
短期間で合格力を手に入れることができると思えば頑張れませんか?

まずは、どういった職につきたいかをしっかり考えてみてください。
そして、職に合った資格を取得して転職の強みにして下さい。

5. まとめ

今回ご紹介した転職サイトは、女性向けの求人を扱っている求人支援サイトです。
それぞれ特徴も違うので、自分に合った転職サイトに登録するところから始めてみてください。

また、あなたが転職の際に求めていることや「叶えたいこと」を妥協せずに転職活動に励んで下さい。

転職で悩む全ての女性へ送る!「女性の転職解体新書」

「転職をしたいけど、どうすればいいのか・・・」
「転職するかしないかどうしよう・・・」
など、転職について悩んでいる女性の方は多いのではないでしょうか?

勇気が出せず、長い間悩み続けている方も中にはいるはずです。
ここでは、そんなみなさんの転職に対する悩みを解決するために「女性の転職」について詳しく解説していきます。

転職に関する調査結果、オススメの転職活動、
女性のための資格、働きやすい職場など、順番にご説明していきますので是非、参考にしてください。

続きを読む