土日休みの仕事まとめ!みんなが気になる「休日」を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

仕事を選ぶ際の第一条件に「土日休み」を挙げる方は多いのではないでしょうか。
「平日休みだと周りの人と予定が合わせにくい・・・」
「平日休みだと子どもの行事に参加しにくい・・・」など、様々な理由があるでしょう。

今回の記事では、
仕事を選ぶ際の参考になるよう「土日休みの仕事」についてまとめています。
・代表的な土日休みの仕事は?
・平日休みの仕事から土日休みの仕事に転職するためには?
といった内容を中心に詳しく解説していきます。

84c65c748fe7ffcc25dacdccac526f84_s

 1.代表的な土日休みの仕事とは?

まずは、代表的な土日休みの仕事についてお伝えしていきます。

土日休みの仕事について調べてみると、

・公務員

・オフィスワーク(事務職・経理職など)

・企業を相手にする営業職

・銀行・郵便局

・広告業界

・出版業界

・メーカー

・IT業界

など・・・かっこよく言えば、
BtoB(企業間取引)企業を相手にしている仕事に土日休みが多いようです。

反対に、

・アパレル

・飲食店

・ウエディング業界

・営業職(車・不動産)

・介護

・小売業

・ホテル業界

・旅行業界

・美容師

・エステ

など・・・個人を相手にしている仕事には平日休みが多いようでした。

土日休みの仕事を探している方は、
誰を相手にしている仕事なのかという点にも注目して仕事を探してみてください。

<ちなみに・・・>
土日休みの仕事を探している方に特に注意しておいて欲しい点があります。
それは、求人票に書かれてある「土日休み」という勤務条件を真に受けてはいけないということです。
その理由について、次の項目でお伝えしていきます。

d88edf5d12cb9c854af30edfe535f939_s

2.「土日休み」に潜むワナ・・・

求人票に記載されている「土日休み」。
それを信じて会社に入ったら「実はそうではなかった・・・」というケースは意外と多いです。

その理由はなぜか?
就職や転職の際に後悔しないためにその理由についてお伝えしていきます。

 【そもそも求人に記載されている内容が嘘】

残念ながら求人票に平気でウソをつく会社は多いです。
仮にウソでなくても雇用される側にとって必要な情報、
知っておきたい情報をあえて載せていない会社もあります。

 【振替出勤というパターン】

会社や所属する部署、
担当する仕事内容によっては振替出勤が当たり前という場合があるようです。
「原則土日休み」となっていても土日のどちらかはほぼ出勤、
代休は平日となる場合であれば意味がありません。

年間休日の半分以上が振替出勤となる極端なケースも中にはあるようです。

 【休日出勤が・・・】

割とブラック色が強い内容ですが、
会社によっては休日出勤が常態化してしまっている場合もあります。

もはや、土日休みでもなんでもなく、
中には休日出勤に対する給与が支払われないという場合があるようです・・・

 【計画的異動】

入社して最初は土日休みで不自由さを感じることなく仕事ができていても・・・
少し経つと異動となり、異動先の部署は平日休みというケースもあります。
非常に質の悪い会社だと、それを見越して求人募集をしている会社もあるようです。

「土日休みが第一条件!」という方は特に!
入社する前に会社についてしっかりと調べておくようにしましょう。

少し探偵チックですが、その会社(勤務場所)で土日に、
電気がついているかどうかの確認はしておいてもいいかもしれません。

それ以外では、口コミサイトを活用するのがいいでしょう。

口コミサイトでは、
実際に所属していた、所属している社員の生の声を見ることができます。

上手くいけば、

「しっかり土日は休めているのか?」

「休日出勤はあるのか?」

「部署異動の頻度は?」

「振替出勤はあるの?」
といった気になる情報を入手できるでしょう。

そのため、入社してから「こんなはずじゃなかった!」
とガッカリする可能性を低くすることができます。
口コミサイトのメジャーどころは、

・カイシャの評判

・転職会議

・VORKERS

・キャリコネ

などがあります。是非、活用してみてください。

 2-1知っておきたい!完全週休2日制と週休2日制の違い!

「休日」を重要とする方に特に知っておいて欲しいことがあります。
それは、完全週休2日制と週休2日制では意味が大きく違ってくるということです。

完全週休2日制とは、文字通り1年を通して、毎週2日の休日があることです。
例えば、毎週土曜と日曜、水曜と日曜が必ず休みになるといったような場合。

しかし、週休2日制とは、
1年を通して、月に1回以上週に2日の休みがあり、他の週は1日以上の休みがあることです。
そのため、必ず週2回の休みがあるというわけではなく、
残りの週の休みは週1というケースもあるので注意が必要です。

「完全」という言葉が最初にあるかどうかに注目して求人票を見るようにしましょう。

8d4e4a08c7cee6697e44a47b3fbdbb9d_s

3.平日休みの仕事から土日休みの仕事に転職するには?

平日休みの今の仕事から土日休みの仕事に転職したいと考えている方は結構多いはずです。
その場合、どうすればいいのでしょうか?

目次1でお伝えした内容のおさらいになりますが、
土日休みの仕事には、
企業を相手にしている仕事が多く、
平日休みの仕事には、
個人を相手にしている仕事が多いため、
業種や職種を変える必要が出てきます。

(不動産の営業職→メーカーの営業など、当然全てに当てはまるワケではありません。)

つまり、平日休みの仕事から土日休みの仕事に転職する場合のほとんどが
異業種転職になるということです。

土日休みを目指して異業種転職に挑戦してみようかな・・・
と考えている方向けに異業種転職について次の項目でご説明していきます。

 3-1.異業種転職の実情を少し解説

正直、異業種転職はそんなに簡単なものではありません。
当然ですが、今までの培ってきた経験やスキルを活用できる同業種への転職の方が簡単です。

企業の採用担当者は、
経験者と未経験者から応募があった場合。
両者の人間性に問題がなければ間違いなく経験者を採用するでしょう。

未経験者がそもそも応募できない求人もあったりします。
(例)要○○資格2級以上、実務経験○年以上など・・・

・経験者と争わなければならない

・そもそも応募できる数が少ない
という2つの理由から異業種への転職は難しいと言われています。

当然ですが、「難しい=不可能」というワケではありません。
最近は以前に比べ景気がよくなり人手不足に陥っている企業が非常に多いです。
そういった企業では、経験者・未経験者関係なく採用していることもあります。

また、異業種からの転職が多い業種というのが存在します。
転職サイトDODAの調査結果を載せておきます。

参考元URL:https://doda.jp/guide/saiyo/012.html
g00上のグラフを見ると、意外にも異業種からの転職が多いことに驚かされます。
中には、業種という切り口での分類は違っても、
もともと相性がいい、転職できる可能性が高いパターンというものがあります。

そのため、一概には言えないかもしれません。
しかし、グラフを見て異業種へ転職できるイメージが強くなったという方もいるのではないでしょうか。

もう一つ、年代別のデータも載せておきます。

参考元URL:https://doda.jp/guide/saiyo/012.html
g10

やはり、年齢層が若い方が、
「入社後に育てればいい」
「ポテンシャルに期待する」
などの理由から異業種からの転職を実現させている方が多いようです。

どの年代で見ても割合は半数以上あり、
社会人としてのスキルや学ぶ姿勢があれば異業種への転職に年齢は関係ないのかもしれません。

 3-2.ねらい目な職種とは・・・?

「どの業種が異業種からの転職が多いか」
などお伝えさせていただきましたが、結局どの仕事が狙い目なの?
と疑問に感じている方もいるはずです。

・土日に休める

・未経験でも問題なし

・求人の件数が多い

以上の3点のみで考えると、

ズバリ!おすすめなのは営業職です。

未経験OK!の求人が他の職種に比べてかなり多いです。
営業職は専門的な商品を扱う場合を除けば、

・コミュニケーション能力

・人柄

などの人間性が重視されるため未経験の方でも合格しやすいという利点があります。

男性・女性問わず活躍できるフィールドのため、
興味のある方は是非営業の世界にチャレンジしてみてください!

607f34f304b7f0131178b373f8aeb6d4_s

 4.番外編!休みが多い仕事と少ない仕事ランキング!

「土日休みの仕事がいい!」という方の中には、
それ以外にも休みが多くとれるかどうか気にしている人もいるのではないでしょうか。

そこで、休みが多い仕事と少ない仕事をランキング形式でご紹介していきます。
参考元URL:https://doda.jp/careercompass/yoron/20130813-6707.html

<休日の多い業種>

順位 業種 平均年間休日数
1位 自動車・輸送機器メーカー 135.2
2位 電子・電気部品・半導体メーカー 132.7
3位 医療機器メーカー 130.5
4位 機械・電気機器メーカー 130.5
5位 設備関連・プラントメーカー 129.6
6位 家電・AV機器メーカー 129.6
7位 化学・素材メーカー 128.8
8位 化粧品メーカー 128.5
9位 クレジット・信販 128.5
10位 インテリアメーカー 126.7

<休日の多い職種>

順位 職種 平均年間休日数
1位 先行開発・製品企画 134.4
2位 生産技術 131.4
3位 エンジニアリング 130.7
4位 設計開発 129.8
5位 研究開発 129.5
6位 社内SE 129.5
7位 研究開発 129.1
8位 メディカル営業 128.0
9位 回路・システム設計 127.6
10位 生産管理 127.6

<休日の少ない業種>

順位 業種 平均年間休日数
1位 コンビニエンスストア 95.8
2位 外食・レストラン 96.0
3位 芸能・芸術 99.1
4位 理容・美容・エステ 105.0
5位 放送 108.2
6位 専門店・小売店 108.2
7位 レジャー・アミューズメント 108.3
8位 ホテル・旅館 108.8
9位 建設設計 109.1
10位 ゼネコン・サブコン 109.8

<休日の少ない職種>

順位 職種 平均年間休日数

1位

美容師・エステティシャン 90.3
2位 施工管理 98.5
3位 調理スタッフ 100.8
4位 ホール・サービススタッフ 103.0
5位 スーパーバイザー・エリアマネージェー 108.2
6位 店長・販売スタッフ 108.6
7位 建築設計 109.8
8位 建設・不動産営業 110.2
9位 ホテル・宿泊・旅行関連職 110.5
10位 医療事務 111.5

多い職種と少ない職種とで見比べると、休日の差はなんと40日以上という結果に・・・
また、土日休みが多い「BtoB=企業を相手にしている」仕事は休みも多く取れているようです。

平日休みが多かった個人を相手にしている仕事は、休日も取りにくいという結果となっていました。

是非、仕事を選ぶ・探す際の参考にしてみてください。

acb4653f07ba27f7a0c6b0fce185e719_s

5.土日休みがいい本当の理由を整理しておこう

今まで散々、
代表的な土日休みの仕事は?
土日休みの仕事に就くためには?
といった内容をお伝えさせていただきました。

しかし、個人的な考えとこれまでのデータによると、
土日休みにはこだわり過ぎない方がいい!と断言できます。

「土日休みがいい本当の理由は何なのか?」について、
一度冷静になって考えておいてください。

子どものため、家族のため、
など絶対に譲れない理由が本当の理由の場合はそれで問題ないでしょう。

しかし、そうでない場合。
後で後悔する可能性が高くなります。

大手転職サイトであるマイナビ転職が行った調査によると・・・
出典元URL:http://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/reason/140214/index

給与、休日、休暇など、
待遇や条件面を重視した転職者は、転職先で満足度が低いと感じてしまうようです。

是非、上記の調査結果も参考にしてみてください。

6.まとめ

仕事の種類(業種・職種)の違いによって土日休みか平日休みかだけでなく、
休日の多さも大きく変わってくることが分かります。
仕事を選ぶ際に「休日」を第一条件に挙げる方は特に注意して仕事を選ぶようにしましょう。

求人票の情報を全て信じることなく自分で情報を入手するということも忘れないようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る