退職理由具体例!あなたにぴったりの退職理由がここにある!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「会社を辞める意思は固まったけど・・・退職理由ってどう言えばいいの?」
「退職理由の具体例を知りたい」
など上司に伝える退職理由でお困りの方結構いらっしゃるでしょう。

そういった悩みを解決するべく、
この記事では退職理由について解説するとともに「状況別の退職理由一覧」を載せておきます。
その中からあなたにピッタリの退職理由を選んでみてください!
また、【上司に納得してもらうためにはどうすればいいのか?】
についても書いていますので併せて参考にしてみてください。

d88edf5d12cb9c854af30edfe535f939_s
1.大前提!「正直過ぎるのはNG」

退職理由は人それぞれであり一概には言えないかもしれません。
しかし、「会社に対して」「待遇に関して」「人間関係に対して」
など何かしら不満があって退職を決意された方の方が多いのではないでしょうか。

実際、何かしらの不満が原因で退職を決意した方が多いようです。

リクナビNEXTが退職理由のランキングを取ってくれていましたのでそちらを載せておきます。
出典元URL:リクナビNEXT

<退職理由のホンネランキング>

順位

理由

比率
1位 上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった 23%
2位 労働時間・環境が不満だった 14%
3位 同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった 13%
4位 給与が低かった 12%
5位 仕事内容が面白くなかった 9%
6位 社長がワンマンだった 7%
7位 社風が合わなかった 6%
7位 会社の経営方針・経営状況が変化した 6%
7位 キャリアアップしたかった 6%
10位 昇進・評価が不満だった 4%

みなさんもこのランキングのどれかに当てはまるのではないでしょうか。
退職を決意する、辞めたいと思う方の多くは、

人間関係
待遇面
上記の2つによるところが多いようです。

当然、それらを退職理由として「ホンネ」で伝えるのはよろしくありません。
トラブルに発展する危険性が圧倒的に高くなります。
それだけでなく、せっかく意を決して退職の意思を伝えたのに引き留められてしまうかもしれません。

例えば、人間関係を理由として伝える場合、
部署異動など配置換えの提案をされるケースが考えられます。
また、待遇面の場合も給与アップなど改善策を提案される可能性があるでしょう。

不平不満を伝えると、余計なトラブルが発生する可能性があるだけでなく、
部署の異動など、配置換えの提案をされ、引き留められやすくなってしまいます。

 そのため、必ず正直に伝えるのは避けましょう。

 1-1 状況別!退職理由具体例

先ほどの「大前提」を踏まえて、状況別に退職理由の具体例を載せておきます。

見ていただければ、分かるかもしれませんが「非常に当たり障りない」内容になっています。
正直、退職理由なんてそんなものです。ほとんど「タテマエ」です。

<家庭のある方向け>

・子供との時間をもう少し作れるようにしたい
・夫の転勤についていくため
・家族が体調を崩し、世話をする時間が必要になった

<恋人のいる女性向け>

・寿退社

<前向きパターン>

・○○に興味ができたので、それに関わる仕事をしたい
・以前から○○業界で仕事をしたいという気持ちがあり、挑戦してみたい
・自分のキャリアアップのために、これまでの経験を活かして新しい環境で自分の力を試してみたい
・開業、独立したいという目標を叶えるためにそれに多くの時間を費やしたい
・将来携わりたい仕事が見つかりその業務に就くための資格取得に専念したい

<最終手段>

・個人的な理由のためお話しすることはできません

状況別!と少し大げさにお伝えしましたが、退職理由は上記のいずれかで十分です。

正直、退職理由に関しては星の数ほどあるでしょう。

・実家に帰ります
・親の介護が必要になり・・・
など、挙げればキリがありません。

 恐らく、退職理由の具体例を探している方の多くは、
上司に納得してもらいやすい退職理由を探しているのではないでしょうか。

そういった意味では女性の方であれば、「寿退社」などがベストでしょう。
しかし、当然ですがうそをつくのはよろしくありません。

その事実があとから分かってしまうと、あなたの信頼性を失くすことになります。
それだけでなく、後々その「うそ」が原因で自分を追い込んでしまうかもしれません。

今の会社にいる人達とどこで関係が復活するかは分かりません。
関わりを一切持たなくなる自信のある方は別ですが、
どこでなにがあるのか分からないのが人生です。

損得勘定抜きにして、
少なからず今までお世話になった人達に「うそ」をつくのは気が引けるのではないでしょうか。

家庭の事情や体調面を理由に退職する場合、
退職までに会社の人達に心配されると罪悪感が芽生えてくるはずです。

「ホンネ」を言わず、かといって「うそ」をつかずに。
そして、上司に納得してもらえる退職理由の例を次でお伝えしていきます。

 1-2 上司を納得させる!退職理由の具体例

納得してもらいやすくするためには退職理由を自分自身の都合にすることです。
理解を得られやすいだけでなく、快く送り出してくれる可能性が高くなります。

例えば、

・○○に興味ができたので、それに関わる仕事をしたい
・以前から○○業界で仕事をしたいという気持ちがあり、挑戦してみたい
・自分のキャリアアップのために、これまでの経験を活かして新しい環境で自分の力を試したい
・開業、独立したいという目標を叶えるためにそれに多くの時間を費やしたい
・将来携わりたい仕事が見つかりその業務に就くための資格取得に専念したい

など、前向きな退職理由を答えるのが無難。

そうです。これは、先ほどの<前向きパターン>そのままです。
前向きな理由が圧倒的に無難でオススメです。

これらの退職理由も「うそ」に該当してしまうかもしれません。
しかし、少なからず
「キャリアアップしたい」
「新しいことに挑戦してみたい」
「新しい環境に行ってみたい」といった気持ちはあるはずです。

例え退職を決意した理由が不満によるものだとしても、
それをきっかけにして生まれた新たな考えや発想を主張すればいいのです。

場合によっては、前向きな転職理由を答えた時に上司から
「今の会社の○○部門であれば、実現できるのでは?」
「新規事業が始まるから推薦しようか?そこであれば自分の力を試せるのでは?」
など、切り返されることも考えられます。

それを避けるためには上記のような理由に加え、
今の職場では実現できない旨を伝えれば引き留められる可能性を少なくすることができます。

もしくは、20代の方の場合、
「今しか挑戦できない」
「後で振り返って辞めなかったことを後悔したくない」
「新しい環境に行って失敗が許されるのは今しかない」
など熱意を持って伝えてみるのもいいでしょう。

それでも中には私の時と同じように引き止めてくる上司がいるかもしれません。
大切なのは退職の意志を貫くことです。
何度引き留められても折れない意思を伝え続けましょう。

退職の自由は法的に定められた権利です。
そのため、極端な言い方をすれば引き止める権利は誰にもありません。

逆に意志を貫くことができない場合は、
もう一度じっくり「辞めるべきか、そうでないのか」を考えた方がいいでしょう。

c64a393f09e9b6348109ceba7bdcf36c_s

 2.いつまでに退職の意を伝えるがベストなのか?

「退職理由」については目次1で割としっかりお伝えさせていただきました。
ここでは、「いつまでにその退職理由を伝えるのか?」についてお伝えしていきます。

退職の意を伝える時期も意外と重要です。
しっかりとしたタイミングに伝えることで、
上司に納得してもらえる確率を上げることができるでしょう。

法律的に言うと、2週間前までに退職を申し出れば会社を辞められると定められています。
しかし、これは現実的ではありません。

業務の引継ぎなどのことを考えると、
遅くても1ヵ月~2ヵ月前には直属の上司に伝えるようにしましょう。

ある程度退職の時期を決められるのであれば、会社の繁忙期は避けて方が無難です。
上司に伝えても取り合ってもらえない可能性があるからです。

退職者の増えるシーズンである年末の12月と年度末の3月であれば、
引継ぎの作業をスムーズに行いやすくなるためその時期に合わせるのもいいかもしれません。

円満に退職することを考えると、辞める時期はある程度会社に合わせるのがいいでしょう。
そこから逆算し、だいたい2ヵ月前と覚えておいてください。

会社のことを考え、余裕を持って伝えることで、
「周りのことをしっかりと考えてくれているな」と上司に思ってもらえるでしょう。
周りのことを考えたうえでの決断というのが伝われば上司に納得してもらいやすくなるはずです。

acc431abda56090c6714eaa50d090695_s

3.退職理由の伝え方に「一工夫」

退職理由の伝え方に少し工夫するだけで、かなり納得してもらいやすくなります。
心理的な作用を活用しましょう。

まず、退職の意思を切り出すタイミングは上司の仕事がひと段落している時、
もしくはお昼休みなど上司に心の余裕がある時にしましょう。

当然、忙しい時とそうでない時であれば話の聞いてもらいやすさが大きく異なります。
自分に置き換えてみると、その違いがより理解できるはずです。

よく観察し、様子を見て切り出してみてください。
次に「切り出し方」が重要になってきます。

例えば、
「少しお話したいことがあるのですが・・・」
と声のトーンを下げ、深刻そうな表情で切り出し別室へ誘導する。

二人きりになり、
「○○部長には大変お世話になり、非常に申し上げにくいのですが、
退職の意思が固まったため退職時期についてご相談をさせていただきたいのですが・・・」
と申し訳なさそうに言いましょう。

ポイントは、深刻さ申し訳なさです。
あからさまな感じはワザとらしいため逆効果です。
適度な深刻さと申し訳なさを演出することで話を素直に聞いてくれるようになるはずです。

もしくは、事前にアポを取っておいてもいいかもしれません。

例えば、メールにて

○○さん

お疲れ様です。△△です。
折り入ってご相談したいことがあるのですが、
明日の○時から10~15分程度、お時間をいただくことは可能でしょうか。

お手数おかけしますが、よろしくお願いいたします。

△△

以上のような感じで希望時間を提案するか、上司の都合のいい時間を尋ねてみてください。
上司が話を聞く態勢を作ってくれるので結構オススメです。

4.まとめ

退職理由は星の数ほどあります。
その中で、どれを選択するかでスムーズに辞められるかどうかが決まってきます。
上司に納得してもらいスムーズに辞めたい方は、
前向きな退職理由、伝える時期、伝え方の3点を是非参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

プロのエージェントが
あなたに合う仕事を一緒に見つけます

就職・転職をお考えの方へ

もしあなたが、

  • 今すぐに仕事を探したい
  • 自分に合った仕事が何かわからない
  • 今の仕事が自分に合っていないような気がする

そうお考えであれば、ぜひプロのエージェントにご相談ください。
必ずあなたに合う仕事を一緒は何かを一緒に考えます。

弊社にも求人はありますが、必ずしも弊社の求人を紹介するわけではありません。

ご相談いただいたあなたに、もっと合う仕事があると判断した場合は、他社の求人をご紹介することもあります。

安心してご相談に来てくださいね。


サービス内容を見る