仕事辞めたい病の方必見!病から解放されるための方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「仕事を辞めたい・・・」「仕事に行きたくない・・・」など、【仕事辞めたい病】に侵されている方はかなり多いのではないでしょうか。
その病が深刻な悩みとなっている方が大半だと思います。

「辞めたくても辞められない・・・」といった方もいるかもしれません。
今回の記事では、
そういった深刻な悩みを解決するために!
【仕事辞めたい病】を克服するための方法を中心に解説していきます。

imaric20160805310323_tp_v

 1.8割以上の人が【仕事辞めたい病】に侵されている

冒頭で多くの方が、
「仕事を辞めたい・・・」「仕事に行きたくない・・・」
といったようないわゆる【仕事辞めたい病】に侵されているとお伝えしました。

実際、多くの方が仕事を辞めたいと考え、そして悩んでいます。
悩んでいるのはあなただけではありません。

調査会社が行ったアンケートを載せておきます。
出典元URL:https://www.marsh-research.co.jp/examine/ex1809.html

<あなたは日常、会社を辞めたいと思うことはありますか。(一つ選択)>

かなりある 21.0
ある 18.3
たまにある 47.3
ない 13.3

約8割以上の方が日常的に「会社=仕事」を辞めたいと考えているようです。
日常的に仕事を辞めたいと思う。
それが、いわゆる【仕事辞めたい病】なのではないでしょうか。

「やめたい、やめたい・・・」
と、もんもんとした状態で続けるのは精神衛生上かなりよくありません。

だからと言って、「辞める」のはあまりおすすめできません。

頑張れるのであれば、今の会社で頑張った方が絶対いいです。
(労働環境が過酷でない場合。※ブラック会社の場合はすぐやめよう!)

残念ながら、今の日本では、転職回数が多いと次の選考に不利になりがちです。
転職するたびに生涯賃金は下がるとも言われています。

前向きに仕事をしている人との差のつき方もハンパないです。
(仕事のスキル・経験値・年収など、挙げればキリがないです!!)

あなたがもし、日常的に仕事を辞めたいと思っている場合。
心身ともに疲れている状態である可能性が高いです。
もしかしたら、正常な判断が出来ていないかもしれません。

まずは、一旦できる限り仕事のことは忘れましょう。

1-1.果てしなく気分転換を試みる

結構耳にする機会が多いこの「気分転換」
これをしっかりと行えている方って結構少ないような気がします。

「気分転換」がしっかりと行えているかどうかは、
頭の中が空っぽになっているかどうかで判断しましょう。

例えば、

趣味に没頭しているのに不意に…
「明日は仕事か…嫌だな…」
みたいな気持ちが芽生えてくる場合、上手く気分転換ができていません。

とりあえず、
仕事のことは1回完全に忘れましょう。

 

個人的な経験で言うと、

<休みの日に一人でノープラン旅行>
行きたいところに自由に行き、
普段見ない景色をゆっくりと眺めるだけですごい気持ちがリフレッシュ。

<お風呂にゆっくり浸かる>
銭湯がおすすめ。
何も考えずお風呂に浸かっているだけで、気持ちが落ち着きます。
サウナもおすすめ。(考えごとしている暇ないです。)

<浴びるほどお酒を飲む>
ダメな大人の典型的なパターンですが、嫌なことがあった時。
お酒を飲んで寝ると次の日には、嫌な気分をすっかり忘れられています。

こんな感じです。

その他にも、周りの方に意見を聞いてみると…

・趣味に没頭する(ゲームや釣りなど)

・ひたすらカラオケで大熱唱

・ひたすら寝る

・体を動かす

・日光浴(心のバランスを整えるモノが分泌されネガティブな感情を抑制してくれるらしいです!!)
といったような意見がありました。

 

結論、仕事=会社のことを考えずに、
頭を空っぽにして好きなことができていればOK

この気分転換のみで悩みから解放されることも多いです。

 

「気分転換」以外にも、
転職サイトのマイナビに「悩みを克服した対処法」があったので参考までに。
抜粋して載せておきます。
参考元URL: http://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/yametai

 

<経験者のリアル対処法>

・宝くじが当たるのを待っている

・自己啓発本を読みあさって考え方を変えた

・憧れていた職業の求人を見まくった

・座禅に参加した

・社内恋愛したら楽しくなった

・ネットで同じ境遇の人を探した

是非、これらも参考にしてみてください。

「気分転換」が上手くできない。
以前は、「気分転換」で解消されていたのに最近は効果が弱くなってきた…
という方は…

1-2.辞めたい理由にしっかりと向き合う

・「気分転換」でもうまく解消されない
・いよいよ、本格的にやめたくなってきた
そんな場合。

続いての対処法として、

辞めたいと思う理由にしっかりと向き合いましょう。

これが、簡単なようで簡単ではありません。

「仕事がいや」
「周りに気を遣うのがしんどい」
ではなく、

「上司に対する報告業務がしんどい」
「○○さんに嫌われていような気がするため会話する時にすごく気を遣う」
「残業時間が多く体力的にしんどい」
など、できる限り具体的な理由を掘り出していくことです。

 

紙とペンを用意して、
できる限り書き出していくのが効果的です。

悪口でもなんでも。
あなたの不満をぶちまけていきましょう。

これをやると、結構頭と気持ちがスッキリします。

「自分は何に悩んでいるのか」
「何が不満で会社を辞めたいと思っているのか」
が鮮明に見えてきます。

その作業をしていく中で、
「この会社をやめて自分はどうしていきたいのか」
「どういった働き方をしたいのか」
が少しずつ見えてくるかもしれません。

不満や、悩みを解消するための解決策が見えてくるかもしれません。

もしかしたら、辞めたいと思う気持ちが弱くなっているかもしれません。

やめたい理由にしっかりと向き合い、明確な理由を把握できることで、

・誰かに相談する時により明確なアドバイスが貰える

・原因を把握できることで、気持ちに余裕が生まれる可能性がある

と言ったように、問題を解決する糸口が見つかるかもしれません。
(かもしれない野郎ですいません。)

 

まずは、辞めたいと思う理由を徹底的に追及してみてください。
案外これで、気持ちが楽になり悩みから解放される方もいます。

この方法は、仕事に関することだけでなく悩みごと全般に効果的です。
悩みの多い方は是非、実践してみてください。

しかし!逆に!
やめたい理由と向き合うことで、
「解決する糸口が見えない」
「そもそも解決できるような問題ではない」
というようなケースも割と起こりえます…

その段階まで行って、
はじめて辞めるという選択について考えるようにしましょう。

そうは言っても、

・辞めて後悔してしまうのではないか・・・

・次の職場でも同じ思いをするかも・・・

・辞めたいと思うのは甘えなのでは?

などと感じている方もいるはずです。
何故か後ろめたい気持ちになってしまいますよね。
辞めるというのがすごい少数派のような気がしてしまうでしょう。

実は、世間を見てみてみると仕事を辞めている人は結構多いです。
次の項目でその内容について少し見ていただきたいと思います。

8d4e4a08c7cee6697e44a47b3fbdbb9d_s

2.仕事を辞める決断を下す人は1年間にどれくらいいるのか?

目次通りの内容です。
厚生労働省の調査結果を基にお伝えさせていただきます。
出典元URL:http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/16-2/index.html

<平成27年:1年間の離職率>
【男性】

年齢別 離職率
20~24歳 24.9%
25~29歳 16.8%
30~34歳 12.3%
35~39歳 9.3%
40~44歳 7.9%
45~49歳 7.7%
50~54歳 7.3%
55~59歳 7.5%

【女性】

年齢別 離職率
20~24歳 29.2%
25~29歳 22.5%
30~34歳 19.2%
35~39歳 14.6%
40~44歳 13.2%
45~49歳 11.9%
50~54歳 11.4%
55~59歳 11.3%

男性・女性ともにたった1年間で実に多くの方が仕事を辞めているということが分かります。

最近ではむしろ、
1度も仕事を辞めずに働き続けるという人の方が圧倒的に少ないのではないでしょうか。

新卒の3年以内の離職率は、
高卒で5割、大卒で3割とも言われています。

何が言いたかったというと・・・
仕事を辞める決断を下すというのはおかしなことでは全くなく、いたって普通のことです。

ただし、一時の感情で辞める決断を下すのは圧倒的におすすめできません。

一時の感情で辞めてしまうと、
辞めたあとに後悔することになる可能性が高くなるからです。

そうならないための方法を次の項目でお伝えしていきます。

acc431abda56090c6714eaa50d090695_s

3.辞めて後悔しないための「3条件」

辞めて後悔している方の多くは、

・辞めるリスクを把握できていない

・辞めた後の展望を描けていない

・相談せずに自分の気持ちだけで決断してしまっている
上記の3つのどれかに該当しているはずです。

それらを踏まえて、
次以降で辞めて後悔しないための条件をお伝えしていきます。

3-1.「条件1」辞めるリスクを把握しておく

仕事を辞めたい・辞めようとしている方の中には、
もしかしたら一時の感情でその気持ちになっている方がいるかもしれません。

仕事を辞めるには少なからずリスクが存在します。
そのリスクを把握した上で覚悟を持って辞めるのと、そうでないのとでは大きく変わってきます。

リスク1<生活に不安が生じる>

転職先を探していない状態で辞める場合は貯蓄を切り崩しながら生活しなくてはなりません。
貯蓄があまり無い場合は、先の見えない生活に対して不安や焦りの気持ちが出てきます。

仕事を辞めたにもかかわらずそれが大きなストレスとなってくるでしょう。
ちなみに、自己都合で退職の場合、失業保険が貰えるのは3カ月以上先になります。

リスク2<手続きが面倒>

手続き面にも注意が必要です。
退職してから次の転職先までブランク期間がある場合は、
社会保障の切り替えや納付を自分でしなければなりません。
これが結構面倒です。

 

リスク3<最悪のケースも考えられる>

例えば、今の仕事を辞めたいと考えた一番の理由が人間関係だったとします。
最悪の場合、次の仕事先にはもっと苦手な人がいるかもしれません。
最悪のケースを考え、それでも構わない!
と思えない場合は一度じっくり考え直した方がいいかもしれません。

最低でも上記の3つのリスクは把握しておく方がいいでしょう。
また、理想と思った会社に転職できてもほぼ必ず働き出せばギャップは出てきます。
あなたの全てを満たしてくれる転職はかなり稀です。
現状に不満がある場合は転職後の未来を想像し、メリットのみを追いがちです。
一時の感情や覚悟を持たずに辞める場合はそれなりの代償を払わなくてはいけません。

あなたの今の生活を冷静に考えて、辞めるリスクはすみずみまで想像しましょう。

今後の人生のビジョンを描くことも大切です。

・仕事で実現したいことは何か。

・仕事をする上で大切なこと、ゆずれないこと。

・理想とする生活を実現するためには何が必要か。

・3年後、5年後、10年後にどうなっていたいのか。

・そのためには何をしないといけないのか。

など。

「仕事を辞めようとしたこと」をきっかけに一度時間を掛けていろいろと考えてみるのがいいでしょう。

3-2.「条件2」転職先を探しておく

リスクを把握し覚悟を決め、それでも辞める決断をされた方の多くは転職活動を始めるかと思います。
転職活動は必ず在職中に行うようにしましょう。

辞めてから転職活動を行うのはあまりオススメできません。
生活に余裕がなくなるため転職先をじっくり選ぶことができにくくなります。
今の状況ではブランク期間がある転職者を避ける企業が結構多いです。

理由なく働かないことに慣れてしまうと、
いざ復帰しようと思った時になかなか行動に移せなくなってしまいます。

そのため、先の展望がイメージできてはじめて会社を辞める選択をするのが賢明です。

今の状況が例え辛くとも心身共にある程度健康な状態なのであれば、
給料を貰いながらじっくりと転職先を探すのがいいでしょう。

少しでも妥協して転職してしまうと、同じ失敗を繰り返してしまう可能性が高くなってしまいます。

注意点としては、転職活動していることが会社の人にバレないようにすることです。
バレずに転職活動を行うのは少し難しいかもしれませんが、
会社の人にバレてしまうと辞める際にどうしても角が立ちやすくなってしまいます。

会社側から考えるとあまりよろしくないかもしれませんが、
転職先を探しながら仕事を続けることで少し心に余裕が生まれるというメリットもあります。

精神的に気持ちが前向きになるからです。
在職しながら転職活動を行う場合、だいたい転職先がみつかるまでに2~3カ月はかかってきます。
会社に所属していると2~3カ月の間に様々なことが起きるでしょう。
もしかしたら・・・心に少し余裕が生まれている状態だと、
あなたが仕事を辞めたいと思っていた問題が解決する可能性も無いとは言い切れません。

そう言った意味でも必ず転職先は在職中に見つけるようにしましょう。

転職先の探し方については、
下記の記事で詳しく解説していますので是非、参考にしてください。
http://business-labo.com/career-change-site-recommended-149

3-3.「条件3」必ず誰かに相談する

3つ目の条件は必ず誰かに相談しアドバイスを貰うことです。
相談する相手は家族でも、会社の先輩、同僚、友人でも誰でも構いません。

何かしらの不満を理由に仕事を辞めたいとなっている状況では後ろ向きな考えに陥りやすいです。
そうなってしまっている状況では、客観的な判断ができにくくなってしまいます。
客観的な判断ができないと後で後悔してしまう可能性がかなり高くなってしまいます。

複数人に相談しそれぞれのアドバイスを聞くことで、
新たな考えが生まれ精神的に楽になれる可能性もあります。

社外の人は会社のしがらみなど関係なく完全な第三者として冷静なアドバイスをしてくれるでしょう。
必ず一人は社外の人に相談するようにしましょう。

私自身、
仕事を辞めたいと考えた時はできる限り多くの人に相談し多くのアドバイスをいただきました。
私の場合、運良くそれをきっかけに転職先が見つかり今もその会社に勤めています。

別に転職先が決まらなくとも、
多くのアドバイスを聞けることで考えの幅を広く持つことができるようになります。

会社を辞めるということは決して「甘え」や「逃げ」ではありません。
退職するということに後ろめたさを感じる必要はありません。

誰かに相談した後の状態であれば、少し心に余裕が生まれているはずです。
それによって、仮にどんな退職理由であったとしても前向きな気持ちになれているでしょう。

新しい環境で仕事ができる、新しいことを学べる、新しい人間関係がつくれる。
など、これから先の未来に希望を抱くためにも必ず誰かに相談するようにしましょう。

9eb90ee4b26cb5732b29a0eaa619bb7a_s

4.次の環境で満足するためには?

最後に「転職して満足するために、どうすればいいのか」という内容について少し見ていきます。
転職経験者1,200人を対象にしたアンケートを基にご説明していきます。

出典元:マイナビNEXT
出典元URL:http://tenshoku.mynavi.jp/knowhow/reason/140214/index

grapha1

転職して満足だと感じている方は6割以上となかなか高い数値になっています。
その一方でやはり、転職しても不満を感じている方が中にはいらっしゃいます。

この違いは何なのでしょう?
アンケートの結果によると、
「転職先を選んだ理由」にその違いがあるようです。

給与、休日、休暇など待遇や条件面を重視した層は、
転職先で満足度が低いと感じる割合が高いようです。

反対に、会社の業績や会社の安定性、興味のある業界や仕事内容など、
自分の希望を重視した層は満足が高いと感じる割合が高いようです。

月並みかもしれませんが、

・やりがいを持てる

・前向きに取り組める

・将来性を感じられる

などの気持ちを持てる環境が仕事をするうえで一番大切なのでしょう。

そう思えるためには、
何が自分にとって一番なのかじっくり考えて転職先を探すのがいいのかもしれません。

今までにお伝えした内容と被りますが、

今後の人生のビジョンを描くことが大切でしょう。

 

待遇面も当然大切です。
しかし、目先のことにこだわりすぎていては同じ過ちを繰り返してしまうかもしれません。

みなさんが満足のいく環境で働けることを願っています。

5.まとめ

【仕事辞めたい病】を克服する最終手段が、
仕事を辞めるという決断です。

ただし、同じ失敗を繰り返さないために、

・リスクを把握しておく

・転職先を探しておく

・相談した上で決断する
これら3点は必ず意識しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

プロのエージェントが
あなたに合う仕事を一緒に見つけます

就職・転職をお考えの方へ

もしあなたが、

  • 今すぐに仕事を探したい
  • 自分に合った仕事が何かわからない
  • 今の仕事が自分に合っていないような気がする

そうお考えであれば、ぜひプロのエージェントにご相談ください。
必ずあなたに合う仕事を一緒は何かを一緒に考えます。

弊社にも求人はありますが、必ずしも弊社の求人を紹介するわけではありません。

ご相談いただいたあなたに、もっと合う仕事があると判断した場合は、他社の求人をご紹介することもあります。

安心してご相談に来てくださいね。


サービス内容を見る